星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
「田中雅美写真展 オーロラの旅へ」に行ってきました
0

    7月24日(金)に埼玉県の狭山市立博物館までオーロラ写真家の田中雅美さんの写真展に行ってきましたのでご紹介させていただきます。

    田中先生はNHKのオーロラ番組などで有名な写真家で、今回はカナダ イエローナイフを中心に撮影されたオーロラの写真が64点展示されています。オーロラ撮影は20年以上されておりオーロラ撮影の第1人者です。

    私は以前からパノラマや星の動画についてご指導いただいているのですが、オーロラだけでなく幅広く撮影をされているだけではなく写真・動画・カメラの知識がものすごくてお会いする度にその知識の量に驚かされます。

     

    今回の写真展は数も多いのですが、写真がどれも大きいのです。A0やA1という大きさのパネルがたくさんあるので迫力がありますし、ここまで大きくしたのに写真が荒れていないんです。お話をお聞きすると中にはマイクロフォーサーズで撮ったものもあるのにそれがどれかと説明されないとわかりません。

    撮影もそうですが、Photoshopなどでの処理もプロの技が駆使されています。

    写真展は8月30日まで開催されているのでぜひ行かれてオーロラ写真を堪能してください。

     

     

    「田中雅美写真展 オーロラの旅へ」

     

     

     

     

     

     

     

    狭山市立博物館入り口

    中では検温・消毒など感染症対策がしっかりとられていました。

     

     

     

     

     

     

    会場に入ると1階にはB0のパネルがど〜んと飾ってあります。メイン写真は2階になります。

    あれ、見たことがある人たちが!(笑)

     

     

     

     

     

     

    田中雅美先生もいらっしゃってくれていろいろ説明していただきました。

    先生の右の「幽玄の世界」という作品が僕の一番のお気に入りで、まるで絵のような雰囲気のある作品です。

     

     

     

     

     

     

    64点はかなりの枚数になります。

     

     

     

     

     

    いろんなパターンのオーロラ写真があります。

     

     

     

     

    ************************************************

    私が所属する日本星景写真協会の写真展「第4回ASPJ巡回写真展 茅野展」のご紹介もさせていただきます。

     

     

    展示される写真のひとつで告知写真にも使われている「くるみの木と天の川」

     


    名称:日本星景写真協会写真展「星の風景2020」
    日時:2020年7月18日(土)〜9月22日(火・祝)9:00〜17:00 (入場は16:30まで) 
    休館日:7/20(月)、27(月)
    8/3(月)、11(火)、17(月)、24(月)、31(月)、9/7(月)、14(月) 

    場所:茅野市八ヶ岳総合博物館
     〒391-0213 長野県茅野市豊平6983番地 
     TEL:0266−73−0300  FAX:0266−72−6119
    https://www.city.chino.lg.jp/site/y-hakubutsukan/


    入場料:入館料 (大人:310円、高校生:210円、小・中学生:150円)
    ※諏訪6市町村在学在住の小・中学生および茅野市在学在住の高校生は無料

     

    こちらもメンバーの選りすぐりの作品60点が展示されており、私の写真も2枚ございます。

    長野県茅野市と言うことで少し遠いのですが、お近くの方や星見の後にでもお寄りいただければ嬉しいです。

     

     





    ブログランキング「星景写真」に参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

     


    星景写真 ブログランキングへ

    | 前田徳彦・starwalker | イベント | 17:45 | comments(0) | - |
    「白黒の宇宙」と日本星景写真協会総会
    0

      関東地方も梅雨に入り、星空を見られる機会が少なくなってきました。

      今回はネタ切れの時にたまにブログで使う白黒処理した最近の星空写真をご紹介します。

      同じ写真でも白黒にすると雰囲気が変わってきます。今回処理をしていて天文台やパラボラアンテナなど人工物の方が白黒にして見栄えがするなと感じました。

       

       

       

       

      霊仙寺湖と夜明けの天の川・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒19mmF23.2 ISO5000 20秒 LeeNo.2

       

       

       

       

       

       

      巨大パラボラアンテナと沈む冬の星座・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒18mmF2.8 ISO4000 20秒 LeeNo.2

       

       

       

       

       

      羊山公園の芝桜と武甲山の上の天の川・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒30mmF2.8 ISO4000 13秒 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      西湖と天の川・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒20mmF2.8 ISO5000 20秒 LeeNo.2

       

       

       

       

      小川天文台と北斗七星・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒23mmF2.8 ISO6400 25秒 LeeNo.2

       

       

       

       

      小川天文台といて座の天の川・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒15mmF2.8 ISO6400 25秒 LeeNo.2

       

       

       

       

      野辺山宇宙電波観測所・10Mミリ波干渉計とさそり座・いて座の天の川・白黒処理

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒30mmF2.8 ISO6400 25秒 LeeNo.2

       

       

      *********************************************

      日本星景写真協会総会(ASPJ)

       

      6月22日(土)に愛知県新城市で日本星景写真協会の総会が開催されたので出かけてきました。

      私も正会員として加盟しています。

       

       

      最初は各メンバーが持参した写真を見せなが自己紹介。その後それぞれの写真をみんなで見ていき意見交換します。

       

       

       

       

      昼食をはさんで午後からは講演会が2つありますが、最初の講演はなんと私でして「星空のある風景リアルタイム動画」についてお話させていただきました。

      中身は昨年動画をはじめたきっかけから、どのように機材やソフトをそろえて今に至るのかというような内容です。「星空動画の撮り方」ではなくて「いかに動画は大変でお金がかかるか」というお話でした(笑)

       

       

       

      2つ目の講演は「現役最年長の天文雑誌編集者」である星ナビの川口編集長です。

      なんと川口さんは「星景写真」という言葉を生み出した方なのです。その川口さんに星景写真にまつわるさまざまな話と星ナビギャラリーの選考舞台裏話をお話しいただきましたが、皆さんは興味津々で話に聞き入っていました。

       

       

       

      第14回の総会が行われた後は有志によりプロジェクターで星景写真やタイムラプスを披露していただきました。

      朝10時から夜21時までの長丁場でしたが、いろんな方とお話も出来てとても充実した総会でした。

       

       

       

       

       

       

      ブログランキング「星景写真」に参加しています。
      このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
      にほんブログ村

       


      星景写真 ブログランキングへ

      | 前田徳彦・starwalker | イベント | 16:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
      星景写真部 第一回 作品鑑賞会
      0

        「星景写真部」という、今年の5月に出来たフェイスブックグループで、星空のある風景写真の投稿に特化したグループがあります。
        僕も発起人の一人になっており、今日現在で部員は666人(オーメンだ!)になっています。
        ふとしたことから写真を持ち寄りプロジェクターで鑑賞するオフ会を開いたらどうかという話になり、昨日9月9日(土)に大宮駅前にあるさいたま市宇宙劇場5階研修室で開催されましたのでブログでご紹介したいと思います。


        FBで募集したところ、17名の参加があり、そのうち12名が作品を発表しました。

        作品鑑賞会では1人が持ち時間10分でその後質疑応答があります。開催時間が13:20〜16:40まででしたが、参加者が時間通りに進行してくれたので、ほぼ時間通りに終了しました。
        他人の写真を見るということはいろいろ刺激になり、「こういうやりかたもあったのかと」といろいろ勉強になりますし、自分も発表するにあたり写真を見返して準備することであらためて気が付くこともありました。
        非常に好評だったので来年もあるかと思いますが、参加者が増えると運営が大変にもなりますし、さてどうなることやら(笑)

         

         

         

        会場となったさいたま市宇宙劇場

        プラネタリウムもあり、観望会などもおこなわれています。

         

         

         

         

         

         

        5階にある研修室をお借りして開催されました。

         

         

         

         

         

         

        星景写真部

        発起人代表の小林さんのあいさつ。小林さんは有名なタイムラプスクリエイターでもあります。

        その後ろには作品鑑賞会の進行役の渡部さん。天体写真の大ベテランです。

         

         

         

         

         

         

         

        星景写真部

        作品鑑賞会のはじまりです。プロジェクターで投影してその写真の説明、そこに込めた想いなどの話をしながら進行します。

         

         

         

         

         

         

        作品鑑賞会の後は懇親会で。さらに2次会まであり、情報交換など楽しく過ごすことが出来ました。なんで飲み会でかき氷なんだといわれるかもしれませんが、星景写真を撮る人には甘いもの好きが多いのです(キッパリ)

         

         

         

         

         

         

        星景写真

        私が今回発表した写真の中の1枚です。

        ブログ未発表だったので(横構図を出してました)あらためてアップします。

         

        東京ゲートブリッジと月、釣り人

        Canon6D TAMRON SP85mmF1.8⇒F8 ISO800 5秒

         

         

         

         

         

        お知らせ

        9月9日発売の日本経済新聞の「日経プラス1・何でもランキング」は「秋の夜長に泊まりたい「星空」が美しい宿10選 」でしたが、そのランキングの選者の一人を務めさせていただきました。星を見る旅の参考にしてください。

        webにも掲載されましたのでこちらからご覧になれます。

         

         

         

         

         

         

         

        ブログランキングに参加しています。
        このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

        にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
        にほんブログ村

         


        星景写真 ブログランキングへ

        | 前田徳彦・starwalker | イベント | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
        原村星まつりに行ってきました
        0

          8月4日(金)〜6日(日)に開催された「サマーホリデーin原村星まつり」に行ってきましたのでご紹介したいと思います。

          原村星まつりは、八ヶ岳自然文化園を会場として毎年8月上旬に開催されています。光学メーカー、販売店、星グッズ販売店などがブースを出展し、掘り出し物の光学機器が販売されたり、夜は多くの望遠鏡、双眼鏡で星を見せてくれます。

          また、コンサート、星のお話、観望会、手作り望遠鏡教室などたくさんのイベントが開催されており、お子様まで楽しめるイベントになっています。

          全国から天文ファンがかけつけて交流できるのも楽しみですし、自作を含む大型の望遠鏡が並んでいるのも魅力のひとつです。

           

          なお、実行委員長さんとお話しする機会がありましたが、全国にある星まつりをそれぞれ特徴があって、ルールも違うので参加に際しては必ずホームページに書いてある注意事項を読んでほしいとのこと。

          また、運営は高校生を含むボランティアでおこなわれているそうです。

           

           

          原村星まつり

          事前の天気予報ではずっと雨も覚悟しましたが、雨はほとんど降らず、昼間は晴れで夜は曇りという感じでしたが、星が見える時間もありました。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          月をビクセンさんの望遠鏡で観望している様子。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          ビクセンの成澤さんが星空案内人です。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          土曜日夜のプログラムの最中20時過ぎに星が見え始めました。

           

           

           

           

           

          星景写真

          土曜日の夜に星が見える時間帯がありました。この夜は月が大きかったので天の川は見えませんでしたが、この場所なら天の川は普通に見ることが出来ます。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          星景写真協会の仲間であるリコーイメージングの山本勝也さんによる「話題の360度カメラで撮る全天球の星空と風景」

          シータってあんなに小さいのに天の川まで写るんですね。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          Nikonからは超高性能双眼鏡が展示されており、三脚に付けた実機で見ることもできました。星を見た人によると半端ない高性能だそうですが、

          価格も半端なくてWX10×50IFが67万、WX7×50IFが64万だそうです。お金に余裕がある方はぜひ!

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          タイムラプスの機器の販売、映像制作も手掛けるスカイピクス・ジャパンの岡社長とお話をさせていただきました。

          なんとTOYOTAのアクアのCMにも岡さんのタイムラプスが採用されているとのこと。

          ミャンマーやスペインでの撮影秘話などを聞かせていただきましたが、やっぱりタイムラプスを作るのは大変だなぁと思いました^^;

          実際の映像はこちらのホームページから見ることが出来ます。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          スコープテックの星座望遠鏡・6800円。

          僕も星座用の双眼鏡を持っていますが、お子さんに見せるときは双眼であるゆえに合わせにくいということがありました。これは単眼なのでいいかもしれません。

          月を見せていただきましたがとても見やすかったです。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          誠文堂新光社さんのブースでは私の写真集「星空風景」も売られていました。

          売れたかどうかは怖くて聞いていません(笑)

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          上尾天文同好会の関根さんは星まつりの常連さん。

          実体顕微鏡で10円や鉱物や花を見せてもらいましたが、花は立体的に見えて美しかったです。こっちの世界も奥が深そう。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          メーカーさんのブース前は望遠鏡、双眼鏡がずらっと。

           

           

           

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          奥の駐車場には全国から来た天文ファンが各々自作機などを並べていました。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          これは高知県から来た横山さんの自作による双眼望遠鏡。なんと架台は高知の海に漂流していたものを加工して作ったというリサイクル品による望遠鏡。

          この架台は触ってみるとスムーズに動くんです。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          その横山さんの自作の反射望遠鏡で昼間の金星を見せていただきましたが半月過ぎのかたちをしていました。

          身近な材料で作るのをテーマにされているとのことで、この望遠鏡も紙の筒、蓋はごみ箱の蓋でした。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          これは太陽専用の双眼鏡。黒点が2つ見えました。当然のことですが太陽以外は何も見ることができません^^;

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          太陽を投影しているのはNikonの40年前に発売された望遠鏡。今も現役で使えるそうです。さすがNikon!

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          こういう大物がたくさんありました。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          星まつり2日目に現れた環天頂アーク。一瞬のことでした。

           

           

           

           

           

          原村星まつり

          2日目夕方の空。

           

           

           

          星まつりではいろんな方とお話しできるのが一番の楽しみです。

          今回も「カメラ業界情報」「画像処理のヒント」など役に立つ情報から、新たな出会いがあったり、何年も会っていない人に出会えたりと、行って良かったと思いました。

          来年も出来るだけ参加したいと思いますので、ぜひ星まつり会場でお会いしましょう!

           

           

           

           

           

           

          にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
          にほんブログ村

           


          星景写真 ブログランキングへ

          | 前田徳彦・starwalker | イベント | 20:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
          胎内星まつり2015
          0
             8月22.23日に新潟県胎内市で開催された胎内星まつり2015spitzchuさんの車に乗せていただき参加しました。2年ぶりの参加となります。
            事前の天気予報もあまり良くはありませんでしたが、その後さらに悪化したので星はほんの少しの時間雲間に見えただけでしたが、いろんな方とお会いできて星まつりならではの楽しみ方ができました。
             
            宮澤賢治研究家での賢治の事務所を運営する加倉井厚夫さんは大学の同級生でお互い年賀状などを通じて活動は知ってはいましたが、うん10年ぶりに会うことができていろいろ話が出来ました。自然写真家の牛山俊夫さんとははじめてお会いしましたが、
            7月のテカポには天文ガイドツアーとして行かれていて、最終日と我々の初日が重なっており教会でニアミスしていたことがわかりました。ニュージーランドには16回も行かれているともことでいろいろお話をお聞きし、それがきっかけでその後の映像ライブ「星巡りの夕べ」も参加させていただきました。
            ツイッターやフェイスブックで知り合った皆さんともお会いできて有意義な星まつりになりました。
             
            胎内星まつり会場1









             
            胎内星まつり会場2









             
            天文ガイドブース
            星空風景も置いていただいてました^^









             
            天文おじさんたち
            会期中はお世話になりました。
            星まつりの呑とタイムラプスクリエーター!









             
            天気はいまいちでしたが夜もにぎわっていました。出店が多いので食事には困りません。









             
            アクアマリンなどライブもおこなわれました。







             
            ブログランキングに参加しています。
            このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
            にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
            にほんブログ村
            | 前田徳彦・starwalker | イベント | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
            星と風のサロンイベント無事終了しました
            0
              7月15日に三鷹市の「星と風のサロン」でおこなわれましたイベント「星のある風景〜デジカメで撮る星景写真の世界」が無事終了しました。

              当日お越しいただいたみなさま
              来られなくても応援していただいたみなさま
              関係者のみなさま
              そして企画していただいたプロデューサーの増金さんと、一緒にやらせていただいた田淵さん

              ほんとうにありがとうございました。



              26インチフルハイビジョンの液晶テレビに星景写真を投影しながら撮影者が解説させていただく内容で、田淵さんが山岳天体写真、僕が身近な風景との星景写真と担当させていただきました。はじめての経験でしたがはじめるとあっという間の時間。
              やりながら「これってデジタル版の紙芝居みたい」と思いました。
              写真は写真展であったりwebであったりいろいろ発表の仕方がありますが、こういう表現の仕方もおもしろいなと思った次第です。
              また機会があればやってみたいと思います。




              こんな看板が









              星と風のカフェ










              田淵さんお話中。今回は手話通訳さんもはいっていただきました。
              会場はほぼ満員に。感謝!
              ブログ読者の方もたくさんいらっしゃり、ブログ上だけで初めて会う方も来ていただくなど楽しかったです。






              星景写真あるところには必ずひまわりあり(笑)











              終了後の打ち上げ!
              盛り上がりました^^




              ブログランキングに参加しています。
              このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
              にほんブログ村 写真ブログへ
              にほんブログ村
              | 前田徳彦・starwalker | イベント | 12:46 | comments(16) | - |
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + YouTube:星景写真の撮り方
              + twitter
              + 星空のある風景 カレンダー 2021
              + facebookページ
              + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
              ブログパーツUL5
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE