星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
長野県・小海町の星空
0

    この週末は事前の天気予報では関東一円が晴れの予報で新月期でもあり楽しみにしていましたが、直前のGPVで急に雲が多くなり文字通り雲行きが怪しくなってきました。

    いろいろ考えた末、予報の中で比較的晴れそうな長野県の小海町に行ってきました。さらに南に行った方が予報はよかったのですが、野辺山にはさんざん裏切られてきたので小海町を選びました。

    結果的にはほとんど曇っていたのですが、晴れた時間帯もあったのでなんとか撮ることができました。

    小海町の星空の状態は思った以上に素晴らしく、さらさらした天の川に出会うことができました。

     

     

    沈む夏の大三角

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒15mmF2.8 ISO5000 30秒

    12月だというのにまだ夏の大三角は高いですね。

     

     

     

     

    夏の残りの銀河と火星

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒15mmF2.8 ISO5000 30秒

    7/31に大接近した火星が暗くなったとは言え、まだ見えています。

     

     

     

     

    森とカシオペヤ座

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒24mmF2.8 ISO5000 25秒

     

     

     

     

     

     

    鉄塔と火星

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒30mmF2.8 ISO5000 25秒

    一番明るい星が火星で、その次に明るい星はみなみのうお座の1等星フォーマルハウトです。

     

     

     

     

    森と沈む夏の大三角

    Canon6D HKIR改造 TAMRON 17-35F2.8-4(A037)⇒17mmF2.8 ISO5000 25秒

     

     

     

     

     

    松原湖と昇るオリオン座

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒15mmF2.8 ISO5000 25秒

    松原湖にははじめて行きましたが湖自体はあまり大きくなく街灯が多いので星がとれる場所は限られてしまい、この場所しか見つかりませんでした。

     

     

     

     

    昇る冬の星座たち

    Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8(A041)⇒30mmF2.8 ISO6400 30秒

    小海町高原美術館近くから昇る冬の星座を撮りました。

    下に見えるのは小海町スケートセンターです。

     

     

     

     

     

    TAMRON SP15-30mmF2.8は新型(A041)で撮影しました。

    前のモデルと同様に安定の写りですが、Canonユーザーに嬉しいのはフィルターボックスが付いたことです。今まではひっつき虫で後ろに付けていましたが、ひと手間減ってフィルター撮影が楽になりました。

     

     

     

     

     

     

    今回も星景写真と同時にsonyα7s2でリアルタイム動画を撮りましたのでYouTubeに出した動画をご紹介します。

    まだ始めたばかりで雑な動画ですが、ご覧いただければ嬉しいです。

    星景写真と比べると肉眼で見た感じに近いと思います。

     

    星空のある風景動画・長野県・小海町の星空

    sonyα7s2 sony24mmF1.4(SEL24F14GM)、TAMRON 85mmF1.8

     

     

     

     

     

    ブログランキング「星景写真」に参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

     


    星景写真 ブログランキングへ

    | 前田徳彦・starwalker | 川、湖、沼と星空のある風景 | 15:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
    星空のある風景リアルタイム動画をはじめました
    0

      主に動画を撮るためにsonyのα7s2を購入しました。

      タイムラプスではなくリアルタイム動画を撮ってみたいので現状で販売されている中で最も高感度のカメラが必要になりました。

      本来はα7s3が出たら買おうと待っていたのですが、しばらく出そうもないので2を買ってしまいました。

      このカメラはiso409600まで設定がありますが、そこまで上げるとノイズがすごいので今回の動画は128000で撮っています。

      いかにisoが高いからと言ってもシャッター速度も1/15とか1/30とかで撮りますから、通常の星景写真がF2.8、iso6400、30秒に比べると圧倒的に光量が足りません。

      今回は満月の夜だったので風景も写りましたが、新月では星景写真のようには写らないと思います。

       

      しばらくはテスト的な撮影となりますが、星景写真の合間に少しずつお知らせできたらと思います。編集も含めて動画の知識が足りないので勉強の毎日です^^;

      まだまだの内容ですが、YouTubeにアップしたのでご覧ください。

       

       

       

       

       

       

      星空のある風景動画・月夜の長瀞

      sonyα7s2 TAMRON17-35F2.8-4→17mmF2.8 iso128000 F2.8 1/15
      満月の夜に紅葉の長瀞で撮影しました。
      マウントアダプターを付けてTAMRON17-35を付けて撮りました。ジンバルに乗せての手持ち撮影なので通常の星景写真と違ってレンズの重さが重要となります。

      常用しているTAMRON15-30F2.8だと重くて使えないのです。17-35F2.8-4は460gととても軽いので助かります。

       

       

       

       

       

       

      sonyα7s2 TAMRON17-35F2.8-4(A037)

      このカメラは発売が2015年10月ですから3年前のカメラですが、未だに発売中のカメラの中で最高級感度のカメラとなります。初めてこのカメラで星を撮った時に驚いたんですが、液晶モニターに星座や暗夜の風景が浮かび上がります。

      canon6Dではファインダーで星も風景もほとんど見えないので一度ざっくり構図を決めてから試し撮りをしてそれを元に構図を追い込んでいくのですが、このカメラなら1発で構図が決められます。

      最近CanonもNikonもフルサイズミラーレスを出しましたが、これらの機種では同じように見えるようですが、sonyは3年前にこれを作っていたということに驚きです。

       

      当然高感度なので星景写真にも強いわけですが、スチール写真は何枚か写した感じでは現像で色のコントロールがなかなか難しく慣れないと使いにくい印象があります。まだ2回くらいしか撮っていないのでこちらも検証していきます。

       

       

       

       

       

       

      sonyα7s2 sony24mmF1.4(SEL24F14GM)

      このレンズが動画のメインレンズになります。予約したものが3日前に届いたのでまだ撮っていません。

      星撮りでもかなり評価が高く、何よりF1.4で重さが445gと驚異的な軽さなのです。これを使ったとしても暗夜の天の川などは難しいと思いますが、月夜や明るい空の場所ならなんとかなるかなと思っています。

       

       

       

      話は変わりますが、ニュージーランドの情報を満載したフリーペーパー「GEKKAN NZ」に私のテカポの写真が掲載されましたのでお知らせします。

      毎月1日に2万部を発行している無料情報誌で、レストランやイベント、音楽、映画の情報から、新商品紹介、著名人インタビュー、ニュースまで幅広くカバーしているようです。

      webでも見ることができますのでこちらをご覧ください。

       

       

       

       

       

       

      ブログランキング「星景写真」に参加しています。
      このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
       

      にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
      にほんブログ村

       


      星景写真 ブログランキングへ

      | 前田徳彦・starwalker | 動画 | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
      月夜の長瀞・紅葉と星空
      0

        3連休の初日・空には満月が輝き星は数を減らしてしまいますが、地上の風景ははっきり映し出してくれます。

        ちょうど紅葉が見ごろの長瀞で撮影しましたのでご紹介します。

         

         

         

        紅葉の長瀞・荒川と北天の星空

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO1000 15秒

        この3連休は紅葉の見ごろということで昼間はかなりの人でにぎわったと思いますが、夜は誰もいません。

        天文ファンも満月なので出かけないんでしょうね。

         

         

         

         

        紅葉の長瀞とおおいぬ座

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO1600 10秒 Lee2

         

         

         

         

        紅葉の長瀞と北天の星空

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO1600 10秒 Lee2

        紅葉と石畳という美しい光景が広がっていました。

         

         

         

        紅葉の長瀞と北斗七星

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO1250 10秒 Lee2

        場所を荒川橋梁下に移しました。

         

         

         

        荒川と昇るしし座

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO1250  10秒 Lee2

         

         

         

         

         

        長瀞・荒川橋梁と月、オリオン座

        Canon6D  TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF4.0 ISO800 10秒 

        明け方に雲が広がりましたが星景写真では雲もよいアクセントになります。

         

         

         

         

         

        ブログランキング「星景写真」に参加しています。
        このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

        にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
        にほんブログ村

         


        星景写真 ブログランキングへ

        | 前田徳彦・starwalker | 月のある風景 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 星空のある風景 カレンダー 2019
        + 電子書籍「星の詩」
        +  
        + facebookページ
        + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
        ブログパーツUL5
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE