星空のある風景写真BLOG 〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
松尾峡 蛍の乱舞
星空と蛍を狙うために昨年から行きたいと思っていた場所があります。
そこは長野県辰野町・松尾峡。

東日本最大級と言われる蛍の出現数があり、昨年はピークで1日16000匹。前日(19にち)の出現数は6000と今年も順調に増加していました。


天気は晴れのち曇りで翌日が雨なので星は絶望的ですが、そのすごい数の蛍とはどんなものか見て見たいし、娘にも見せたかったので家から4時間かけて日帰りで出かけてきました。
ちょうどこの日からほたるまつりが開催ということでかなりの人手だろうと予想し5時前に入れば近くの童謡公園駐車場に停められると思ったのですが甘かったです。
そこは4時前に満車だったのでほたるの里から20分以上歩く役場前に誘導されました。車は東京、埼玉、神奈川、名古屋など他県ナンバーも多く、高速1000円のせいもあり昨年より多かったようです。


現地に着くと出現2時間以上前にもかかわらず多くの人が場所をキープしており7時30分ごろには隙間がないくらいいっぱいになりました。
蛍は8時前くらいから飛翔。
この日は風が強かったので飛び始めが悪かったのですが、風がやんでくるとしだいに数が増え始めあたり一面に乱舞が開始しました。

一定の場所にこれだけ飛ぶのは初めて見ましたし、東日本一というのもわかります。ただあまりに人が多く、最初に撮影場所を決めたら9時過ぎくらいまでは移動できないので、土日は自由に撮れないのを覚悟しなくてはいけないでしょう。

蛍が飛ぶのは20時から21時の間、と聞いていたので21時を過ぎて数が落ちてきて帰ろうと思ったところ、別の方向に人がたくさん集まっているので移動してみました。そこには木のからむように多くの蛍が舞っており、この日見た中で最大です。
 22時ごろまで乱舞がやまず、意外と遅くまで飛ぶこともあるんだなぁと知りました。


この日は星とのコラボは叶いませんでしたが、梅雨時でもあり数年通わないとダメですね。また来年チャレンジしてみます。
娘は満足してくれたようですが、悲しいことに蛍ではなくお祭りの屋台でした(笑)


なお20日の出現発表数は9375匹。今週はさらに増えていくと思われます。





辰野駅 辰野駅
駅前の商店街にはたくさんの露天が出て、町をあげてのお祭りが20日から28日まで開催されます。





蛍の碑 蛍の碑
松尾峡の入り口ではホタル保護育成協力金300円を払って入場します。入ってすぐの蛍の碑。





19時30分出現直前 19時30分出現直前
蛍を待つ人でいっぱいになりました。





蛍飛び始め 蛍飛び始め
ちらほら飛び始めた蛍、空を見上げるとなんと星が見えてきたではありませんか。
天は我に味方したか!
とカメラを空に向けましたがまた雲が覆ってしまい、その後はベタ曇り。
天は我を見離しました(笑)





蛍の乱舞 蛍の乱舞
 F5.0  ISO800 120秒露出





蛍の乱舞・比較明 蛍の乱舞・比較明
比較明も1回だけ。 F3.2 ISO1600  30秒×11枚=330秒





蛍の乱舞2 蛍の乱舞2
 F5.6  ISO800 120秒露出





蛍の乱舞3 蛍の乱舞3
 F5.6  ISO1250 120秒露出この場所は21時50分でも蛍が乱舞していました。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
コメント
from: あさお   2009/06/21 5:27 PM
ホタルもすごいけど、この人出もすごいですね〜!
from: starwalker   2009/06/21 9:33 PM
あさおさんへ
はい、21時過ぎたら空くでしょうといわれていたのですがまだたくさんの人が。
10時過ぎて帰る時にもこれから来る人がかなりいましたよ。
from: 千千尋   2009/06/21 9:35 PM
凄〜〜い努力しないと見られないんですね。

ホントに人の数多い(汗)

幻想的なホタルとのミスマッチな人・人・人(笑)
from: starwalker   2009/06/21 9:44 PM
千さんへ
努力はあまりいりませんよ。興味があればなんとかなります(笑)
平日が狙い目かな♪

from: daisy   2009/06/22 2:55 AM
すごい数ですね!
25年前に行った時は条件が悪かったのかあまり見られませんでした。
『順路』という看板に逆行も出来ず、人に流されて終わった寂しい蛍見物でした。
当時は撮影している人はいなかったような。(と言うか、あの状況で三脚は無理^^;)今は三脚の行列ですね。赤い蛍もチラホラと。

お嬢さん、屋台だけではなく蛍も記憶に収めてますよ^^
from: starwalker   2009/06/22 6:32 AM
daisyさんへ
25年前から名所だったんですね!
三脚は2時間前から各場所でキープしてあったので、その場所が多く見られるんだなと予想できました(笑)
ストロボ禁止をくりかえし放送しているにもかかわらず、あちこちで光っているのが困りもので。
from: saori   2009/06/22 1:36 PM
こんにちは。蛍の光が幻想的ですね〜!
そして、カメラマンの多さにも驚きました。
from: えりぃ   2009/06/22 3:42 PM
素敵ですねぇ。
写真も風景も。。。

埼玉の私の実家の裏にもほたるがいます^−^
from: starwalker   2009/06/22 8:58 PM
saoriさんへ
とにかく見たことがないくらいたくさんの蛍でして、しばらくは普通の数の蛍では満足できないかもしれません(笑)
from: starwalker   2009/06/22 9:00 PM
えりぃさんへ
これで人が少なければかなり幻想的な風景なんですが、いかんせん多すぎまして(笑)

子供の頃は家の裏の田んぼに蛍がいました。
近くで見られるのもいいですね♪
from: shirane   2009/06/22 10:10 PM
あれ〜!!

土曜の夜、一瞬ここに行こうか〜
・・っていう話になったのですが、
日曜にこのシーズン、
見に行きたい花がある山もあって、
迷った挙句そちらに向かい、
見事に雨に負けて登山口に向う前に敗退して帰ってきました(^^ゞ

蛍、やっぱりスゴイですね!
でも、更にビックリなのがこの人出(^^;
混む場所なんですね〜
知りませんでした。

しかし、ここの所ストレスが溜まりそうな天気ばかり続いてますね(TT)
from: X富士   2009/06/22 10:10 PM
こんばんはX富士です。
すごいホタルですね〜。
結局今年はホタルの比較明できなかったです。
それにしてもカメラマンも凄いですね〜(^_^;)
僕のテンションが一番下がる状況です。
from: starwalker   2009/06/23 6:47 AM
shiraneさんへ
そうですか、shiraneさんもご存知とはやはりここは有名なんですね。高速1000円で人がだいぶ増えたようです(僕もその1人ですが)

なお今夜は晴れるみたいですよ(笑)
from: starwalker   2009/06/23 6:49 AM
X富士さんへ
蛍は時期が短いので予定通りにいきませんよね。
人が少なくて、たくさんの蛍が見られれば理想的なんですが。
どこかないかなー(笑)
from: シリウス   2009/06/24 10:46 PM
すごい乱舞ですね(@@)
怖いくらいに幻想的で・・・
でも、すっごい人出ですね^^;
あの〜、蛍の数って、
どなたが、どーやって数えてるんでしょう(謎です^^;)
from: starwalker   2009/06/24 11:03 PM
シリウスさんへ
僕もどうやって数えるのか疑問で、知りたいですねー(笑)
ちなみに昨日(23日)は11,044と1万越えで、昨年は25日が16,020と最高でした。
from: kumagera   2009/07/08 7:47 PM
辰野町松尾峡には1960年代に主として関西から大量のゲンジボタルが移入され、元々住んでいた地元ゲンジは増えるどころか、逆にほぼ絶滅したらしいことが最近の研究で明らかになっています。この移入の経緯はパンフレットなどでは、伏せられています。

移入ゲンジは在来ゲンジと遺伝的にも行動的にも(発光の仕方)異なっています。しかしながら、町はその区別なく放流飼育を繰り返してきた経緯があります。

最近、この辰野町のホタル養殖による現地ホタルの生態破壊が問題となっています。対策を採るように研究者は申し入れていますが、役場から「この問題を、あまり公表しないでほしい」と言われ、かつ、対策も採られていません。

この問題は過去のことではなく、現在も続いています。昨年の簡単な調査で、松尾峡下流地域では、松尾峡からあふれ出した移入ゲンジが在来ゲンジの生存を脅かし、ある地点では既に9割が移入タイプとなっていることが判明しました。つまり、地元ゲンジが子孫を残しにくくなっています。

たとえば、
www.geocities.jp/zenhoken/ZHJ_pdf31-40/ZHJ36_13-14.pdf
あるいは
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/6020
で見られます。

理解を深めてほしいと思います。

from: starwalker   2009/07/08 10:51 PM
kumageraさんへ
単に蛍で町おこしに成功したように思っていましたが、こういう側面もあるんですね。
移入ゲンジについては賛否があると思いますが、良い、悪いで判断できない難しい問題だと思います。

from: kumagera   2009/07/09 4:10 PM
「難しい問題」

まったく同感です。だからこそ、情報を住民にも観光客にもオープンにし、意見を募ったらいいと思うのです。

役人は役場内だけで情報を抱え、研究者も学会などでしか物言わない。これが、一番マイナスだと私は思うし、役場にも、そう伝えました。

でも、役場の内向きの姿勢は変わっていません。
情報が公になって、マイナスイメージばかり広がるのを恐れているようです。

私は、役場に対して、一般人(住民や観光客)、役場の人、研究者を交えた公開の会議を開いたらどうか、と提案したのですが、これも拒否されました。

複数の研究者は、そうなったら出席したいと言っているのですが・・・




コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.