星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< 北杜市のひまわりと野辺山ヤマナシの木 | main | 夜景と星空のつもりが夜景と花火に >>
原村・星祭りと恐怖の体験
0
     ヤマナシの木で夜明けの撮影を終えた後は、目的地である長野県原村の星祭り会場である八ヶ岳自然文化園へ。
    ここには10年くらい前に1回だけ行ったことがあるだけでひっさびさの参加となりました。
    星祭りとしてはかなり規模の大きいほうで、コンサート、手作り望遠鏡口座、日食のお話、紙飛行機飛ばし大会、抽選会、などなど毎時間何かしらやっていました。望遠鏡メーカーの出展や各個人の自作望遠鏡展示などもあって盛りだくさんです。

    今回一人での参加となった僕は少し離れた芝生駐車場の木陰で日中はゆっくり過ごしてました。
    daisyさんご家族も初めての参加ということでいらっしゃっており、上尾天文同好会のブース仕事の合間にいろいろお話ができてよかったです。


    さてさて、先日ちょこっとお話した「恐怖の体験」はこの後起こるのです。
    このまま会場にいればよかったものを、せっかくここまできたので人気の高い「高ボッチ高原」に行ってみようと1時間半かけて諏訪湖を超えて出かけてみたのです。
    ところが現地はあいにくの雨、それも濃い霧と激しい雷に「とてもこんな場所に一晩いるのはヤバイ!」と身の危険を感じて諏訪市内に下りてきました。

    ところが雨は勢いをさらに増していわゆる「ゲリラ豪雨」となったのです。乗ろうと思っていた中央自動車道も閉鎖。さらに一般道も閉鎖があいつぎ警察の誘導で諏訪市内の中心を通るメイン道路にいかされました。
    大渋滞でまったく進まないのですが、帰り道を急ぐわけでもないのでのんびりトロトロ走っていたところちょっと様子がおかしい。
    道がだんだん冠水してきて遠くのほうでは動かなくなった車を押す人がみられます。
    ちょっとずつ大きな水溜り箇所が増えて「なんだかいやな予感」がしてきた頃、目の前に広がる大きな交差点が川の様になっているではありませんか!

    渋滞しているのでもう後戻りはできません。
    交差点の中央が低くなっているので1台1台向こう岸?に渡ったのを確認してから発信するような状況です。
    「なんでこんなところに来てしまったんだ」という後悔の念と、「確か水の中で止まってしまったら車はおしゃかになる」と思いながらで自分の番が来るのを待つのが恐怖の時間でした。
    そして自分の番に。

    もう進むしかないので「アムロ、行きまーす」と川の中を直進。
    走るにしたがってボンネットから白い煙がもくもくと上がってきて、加速も弱くなってきたのでまずい雰囲気でしたが、車はなんとか持ちこたえて向こう岸までたどり着きました。
    ところが一安心したところ、またしてもその向こう側に川が出現。
    「もうやだ、こんなの!」と思っていたところ左側にファミレス「藍屋」を発見。ちょっと高台になっているその駐車場に逃げ込み難を逃れました。

    車を降りて警察の人に話を聞いたところ、この先も何箇所か冠水していて危ないとのこと。ちなみにその前に渡ってきた交差点は僕が渡るとすぐに閉鎖になりました。
    水が引くのはだいぶ先になりそうだったのでそのまま藍屋駐車場で睡眠。
    翌朝起きると何も無かったように水が引いていました。

    というわけで初めての体験でしたが大雨が降るとあっという間に水がきます。
    皆さんもゲリラ豪雨にはくれぐれもご注意ください。



    原村星祭りメイン会場
    原村星祭りメイン会場。
    この時は紙飛行機飛ばし大会をやっていました。
    昼間の天気は良いのですが....。








    星祭りの出展メーカーさん
    メーカーさん出展ブース。
    掘り出し物が買えます。









    メイン駐車場
    メイン駐車場。
    自慢の自作望遠鏡が並んでいました。









    動く望遠鏡
    タイヤが付いて動く望遠鏡を作ってしまったメーカーさん。
    これを収納するワンボックスカーを含めて1000万ぐらいとか。
    1台いかがですか?









    芝生駐車場
    車が少ない朝方はまるでキャンプ場のようだった芝生駐車場。
    この木陰は涼しくてのんびりしていました。










    IPODを車で聞く装置
    今回は1人での3日間だったので車中を快適に過ごす為に購入した「IPODの音楽をFM電波で飛ばして車のラジオで聞く装置」です。
    音はイマイチ良くないのですが気軽にIPODの音楽が聞けるので重宝しました。





    ブログランキングに参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
    にほんブログ村 写真ブログへ
    にほんブログ村
    | 前田徳彦・starwalker | 未分類 | 10:04 | comments(11) | - |
    大雨で冠水した道路でクルマが水没・・というニュースを時々見ます。
    無事のご帰還、よかったですね。クルマの調子も大丈夫ですか。
    今週末は晴れましたね! 来週末は家族で出かける予定なので、また晴れてほしい〜
    | あさお | 2009/08/15 5:00 PM |
    大変でしたね。
    何とか御無事でよかったです。
    最近のゲリラ豪雨には、チョッと怖い気持ちが有ります。
    きっと普段の行いが良いからガンダムが車の後ろを
    押してくれたのですね(笑)
    | 千千尋 | 2009/08/15 9:25 PM |
    あさおさんへ
    よくニュースてやっている光景に出くわすとは思いませんでした。おかげさまで車はその後異常なく走っています^^
    夕べも今夜も夕方は晴れているのですが夜は雲ってしまいます。僕も来週末は出かけるので晴れて欲しいです♪
    | starwalker | 2009/08/15 9:40 PM |
    千さんへ
    最近の天気は何かおかしいですよね。
    普段の行いは別として(笑)、「こんなところでやられてやまるかー」とモビルスーツに乗ったつもりで気合を入れて脱出しました^^
    | starwalker | 2009/08/15 9:42 PM |
    こんばんは。
    すげー。シュミカセが戦車みたいになってる・・・
    でもなんかブレて見難そう・・・
    芝生のキャンプ場は気持ち良さそうですね〜(^−^)
    とっても広い会場なんですねー。
    | X富士 | 2009/08/16 7:39 PM |
    X冨士さんへ
    あの戦車は人も乗れましたよ^^

    会場の駐車場は3つあってかなり広いところでした。日中でも日陰に入れば涼しく過ごしやすかったです♪
    | starwalker | 2009/08/16 8:16 PM |
    お疲れさまでした^^
    山で恐ろしい物に遭遇するより、市内で冠水したほうが良かったかもしれないですね(爆)
    無事でなりよりでした。

    現場の写真なんかは撮っていらっしゃらないのですか?
    | takashi-don | 2009/08/17 7:08 PM |
    takashi-donさんへ
    なんとか助かったのでよかったですが、危機一髪でした。
    現場の写真を撮とうかなとも思いましたが、一眼レフ出して撮るもの場違いな雰囲気でして....
    やめときました^^
    | starwalker | 2009/08/17 10:10 PM |
    怖いですねー!
    私も何度かザブザブしたことがあります。
    アクセル緩めたら危ないんですよねー。
    知らない道はどこが低くなっているか分からないし。
    無事でよかったです^^

    藍屋には足を向けて寝ちゃダメですよ〜♪
    | daisy | 2009/08/18 12:47 AM |
    daisyさんへ
    原村ではお世話になりました♪
    あの後残っていたらあんな目に会わなくて済んだんですけどね。
    なんとか無事でよかったです。

    今度藍屋に行かなくちゃですね^^
    | starwalker | 2009/08/18 7:04 AM |
    どんな恐怖体験なさったのか、興味深深でしたが・・・
    ほんま!怖いです!!!
    車が浸かったというニュースを見るたび、
    あんな場所、避ければいいのに〜・・・なんて思ってた私は世間知らず!
    starwalkerさんのように やむなく巻き込まれてゆくんですね(;;)
    ご無事でなによりでした
    | シリウス | 2009/08/20 8:56 PM |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 星空のある風景 カレンダー 2019
    + 電子書籍「星の詩」
    + facebookページ
    + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
    ブログパーツUL5
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE