星空のある風景写真BLOG 〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
長瀞の星空

この週末は埼玉県の長瀞まで出かけてきました。

自宅から1時間半で到着するので時間のあまり無い時などに選択肢の一つになります。

戦場ヶ原や湯の丸高原のようなダークスカイではありませんが、冬の天の川もうっすら写る星空で、なにより岩畳などの風景が素晴らしく星景写真向きの場所です。

夜間にすべる岩の上を歩くため、一歩間違うと川に落ちてしまいますので、行かれる方は十分注意して撮影されてください。

 

 

長瀞・北天を巡る星々

Canon6改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO3200 25秒

長瀞ではいつも撮る景色ですが、透明度も良く、北斗七星とカシオペアが北極星を中心にうまいぐあいに配置できました。

この時間にはまだ月が出ていました。

 

 

 

 

 

 

東屋とオリオン

Canon6改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.2 ISO3200 30秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長瀞の岩畳と冬の星座

Canon6改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 30秒

 

 

 

 

 

 

 

 

長瀞の岩畳と冬の星座・12mm魚眼

Canon6D SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 30秒
ほぼ南中のオリオン座と岩畳とを一緒に撮るには12mm魚眼が役に立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長瀞の岩畳と北天の星空・12mm魚眼

Canon6D SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 30秒
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西に傾くオリオン座・12mm魚眼

Canon6D SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 30秒
長瀞はそれほど山奥ではないのですが、冬の天の川も写ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長瀞駅と北斗七星

Canon6D SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO3200 6秒
帰り道に長瀞駅でも撮影してみました。

 

 

 

 

 

 

 

10月2日の記事にも書かせていただきましたが、10月1日(土)から「東京ガーデンテラス紀尾井町」にある大型デジタルサイネージで僕と鈴木祐二郎さんの写真が放映されています。

それぞれの写真が約10枚づつ流れるように約2メートル×7メートル18面大型パネルに映し出されているのですが、12月1日から新しいバージョンになりましたのでお知らせします。

お近くにお越しの際はぜひご覧ください。↑は鈴木さんの赤レンガ倉庫と星空です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるみの木と流れ星も放映されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

コメント
from: kazu   2016/12/11 11:36 PM
こんにちは!
素晴らしい所ですね、本当に羨ましいです!
最近私もいい所を見つけました、それでも2時間以上も
かかります。冬場は行けないので残念です。
月あかりの下でも撮影出来るいい風景を
いつも探しているのですが、九州は中々無いですね、
そちらに、引っ越ししようかな〜笑!
from: starwalker   2016/12/12 8:20 PM
Kazuさんへ
こんばんは。
紅葉の時期は渋滞が出来る観光地です。
僕から見ると九州は撮影地がたくさんあるし、空が暗くて撮影には最適の場所です。
お互いの場所でがんばりましょう^^
from: KAZU   2016/12/13 3:39 PM
こんにちは!
ISO感度が高いのでかなり暗い所なんですね 月下でも
無いんでしょうね・・・
私は撮影後いつも周辺減光で悩みます 画像処理でできる物もあれば 無理な物もありそれに時間がかかってしまいます

殆んど周辺減光が見れませんがどうされているのですか?
前からお聞きしたかったのですが・・・
良かったら教えてもらえると助かります!

私はiso感度も2000以上上げるとノイズが出るので
常にポタ赤使っています。
from: 春月   2016/12/16 9:21 PM
前田さん(^^)/ 来年の「ビクセン・カレンダー」掲載、おめでとうございます!(遅いですね私)
はや12月・・・今晩になって、暴風雪吹き荒れる雲の切れ目をぬって、ふたごの座流星群がひとつ、ゆっくりと飛んでいきました。とても嬉しかったです(^^♪
from: starwalker   2016/12/17 12:59 PM
kAZUさんへ
こんにちは。
ここはそれほど暗い場所ではありませんが、この夜は透明度が抜群でした。
周辺減光ですが、メインのTAMRON15-30F2.8はほとんど気になりません。補正なしか、やってもライトルームのレンズ補正で50%くらい補正ですませています。SAMYANG12mm魚眼に関しては補正なしで問題ありません。レンズによりますね。ISOは6Dの場合は暗い空では6400が基本で撮っています。
from: starwalker   2016/12/17 1:02 PM
春月さんへ
ありがとうございます^^
今年のふたご群は全く見ることが出来ませんでした。
見られて良かったですね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starwalker.jugem.jp/trackback/844
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.