星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
北アルプス立山・雪の壁と星空

ニュージーランド星空旅行記の途中ですが、5月20-21日に急遽立山まで行ってきましたのでその記事をアップしたいと思います。

立山黒部アルペンルートがある立山はすごく遠いイメージがありましたが、北陸新幹線のおかげてぐーんと近くなりました。特に僕の住んでいる埼玉ですと

大宮駅から富山駅までわずか1時間45分で着いてしまうのです。富山市内から立山駅までは車に乗せていってもらいましたが、鉄道でも1時間ほどで到着します。

そこからはケーブルカーに乗れば約7分で美女峠。そこからはバスが連絡していて40分ほどで天狗平山荘の目の前に到着です。ほとんど歩かないで行けるので機材もたくさん持っていけましたし、これならもっと早く行けばよかったなぁと感じました。

 以前からいつかは行ってみたい場所でしたのでワクワクしながら出かけてきましたが、日本にもこんな素晴らしいところがあったんだ!と思うような、ニュージーランドにも負けない風景が広がっていました。

 

 

20日はまず富山科学博物館で開催されている「日本星景写真協会写真展-星の風景-」を見に行ってきました。

私も所属する日本星景写真協会の皆さんの素晴らしい写真が数多く見られます。この写真展は6月4日まで開催されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はスペシャルプラネタリウム「カメラ女子に聞く!始めよう星景写真」と題して日本星景写真協会の

金子修子さん、中川達夫さんをゲストに楽しいトークがおこなわれました。

左から富山市科学博物館の竹中さん、金子さん、中川さんです。

なお、プラネタリウム内での撮影は禁止されていますが、今回は許可の上撮影し、

許可をいただいた上でブログに掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トークショーが終わると日本星景写真協会の有志の皆さんで立山天狗平まで向かいました。地元の中川さんは何回も出かけているベテランで、その中川さんについていきました。

車はニュージーランドに一緒に出掛けた菊地さんの車に同乗です。そうです、超晴れ男の菊地さんがいるので今夜は晴れるのです(笑)

 

 

 

 

 

 

あこがれの雪の壁に到着しました。なかなか見られない光景です。

今年は雪が多く、5月20日なのに昨年の4月より多いということでラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

周囲をロケハンです。標高2300Mは素晴らしい光景が広がっています。

 

 

 

 

 

 

宿は天狗平山荘です。山小屋と聞いていたので食事は期待していなかったのですが、とてもおいしくいただけました。さらに朝食も豪華でした。

天気はいいし、食事が終わったら出撃です。

 

 

 

 

 

 

沈む冬の星々と富山市内の夜景

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF4 ISO4000 20秒
宿の目の前から撮影。うっすら黄道光が写りました。

 

 

 

 

 

 

雪山と昇る北アメリカ星雲

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO6400 15秒
 

 

 

 

 

 

雪山と昇る夏の大三角

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒20mmF2.8 ISO6400 40秒

右上に見える光は室堂の灯りです。

 

 

 

 

 

 

昇るさそり座と雪の壁の道

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒20mmF2.8 ISO6400 40秒

ここでは雪の壁を上から見ることになります。

 

 

 

 

 

 

立山熊太郎と夏の大三角

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 40秒

立山黒部アルペンルートの除雪で活躍する国内最大級のパワーを持つ除雪車「立山熊太郎」と星の写真です。

 

 

 

 

 

 

雪の壁と夏の大三角

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 30秒

これをずっと撮りたかったのです。ここでしか撮れない風景です。

 

 

 

 

 

 

雪の壁と夏の大三角・対角魚眼レンズ

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 40秒

ここの風景は魚眼レンズの方が迫力が出ました。

 

 

 

 

 

雪の壁と北斗七星

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 40秒

 

 

 

 

 

天狗平山荘と天の川

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 30秒

いて座の天の川も昇ってきました。

 

 

 

 

 

 

雪の壁と天の川のアーチ

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F2.8 ISO6400 30秒

月が昇ってきたので空の色が変わってきました。

なお、雪がいっぱい残っているのでさぞかし寒いのかと想像されると思いますが、この夜は氷点下に下がることもなく、真冬の装備でいると汗をかくほどで、とても快適に夜を過ごせました。

 

 

 

 

 

 

現実離れした風景と素晴らしい星空を堪能して帰るとことです。宿の方たちがバスを見送ってくれました。

お世話になりました。また来ますね〜。

 

 

来週からニュージーランドの星空星空旅行記の続きをアップします。

ニュージーランドもこれからが本番です。お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 


ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

コメント
from:   2017/06/02 9:43 PM
はしめまして、こんばんは。
星と申します。
星空時景のアプリのファンで、写真がすごく好きです。
検索かけて、こちらにたどり着きました。

写真をブログのヘッダーに使わせて頂きたいのですが、可能でしょうか。
もし可能でしたら、画像の変形やコピーライトのお名前を載せるなど、注意事項ありましたら教えてください。

よろしくお願いします。
from: starwalker   2017/06/03 5:50 PM
星さん、はじめまして。
アプリもご覧いただきありがとうございます。

写真をブログのヘッダーにということですが、どのようなブログなのか、掲載の写真、方法も含めてメールでお知らせください。メールアドレスはこのブログのPROFILEにあります。
よろしくお願いします。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starwalker.jugem.jp/trackback/878
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.