ペルセウス流星群・極大の夜

2017.08.13 Sunday

0

    8月12日・13日にかけてはペルセウス流星群の極大でした。

    今年は明るい月が一晩中出ていて条件はよくありませんでしたが、お盆休み中なので全国の天文ファンが楽しみにしていたと思います。

    前日までの天気予報では太平洋側の海沿いの狭い範囲が晴れそうだったので銚子・大洗・ひたちなかあたりを候補としていましたが直前の予報ではさらに選択肢が狭くなったので大洗・ひたちなかを目標に出かけました。

    ところが実際は天気予報とだいぶ違ってしまいました。

     

     

     

    大洗磯前神社の神磯の鳥居

    ここに着いた時は一瞬快晴となりましたが、その後ベタ曇りになってしまいました。

     

     

     

     

     

     

    その後向かったひたちなかの駐車場

    雲間から時より星が見える天候でしばらくいれば晴れるかもしれないとは思いましたが、風に乗って海水が飛んできてカメラも自分も耐えられない状況でしたので、撤収することにしました。

    当夜は波浪注意報が出ていました。

     

     

     

     

     

     

    涸沼といて座

    Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO1600 20秒

    検索で見つけた茨城県の涸沼に移動。思ったより大きな沼でした。

     

     

     

     

     

     

    涸沼と月

    Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF4 ISO2000 13秒

    星景写真向きな光景がありました。

     

     

     

     

     

     

    涸沼と月・ペルセウス流星群

    Canon6D  SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F4 ISO1250 25秒

    沼に2台のカメラを固定し流星の撮影を開始。

    何枚かに写ってくれましたのでご紹介します。

     

     

     

     

     

     

    涸沼と月・流星

    Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF4.5 ISO1600 13秒

    経路は短かったですが明るい流星です。

    ただし方向から判断してペルセウス流星群とは違う流星のようです。

     

     

     

     

     

     

    涸沼と沈む夏の大三角・ペルセウス流星群 魚眼レンズ

    Canon6D  SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F4 ISO2000 10秒

     

     

     

    涸沼と沈む夏の大三角・ペルセウス流星群

    Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO2000 13秒

     

     

     

     

     

    夜明けに昇る冬の星座と金星

    Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO2000 13秒

    夜明け前にはおうし座、ぎょしゃ座、オリオン座、ふたご座など冬の星座が東から昇ってきます。

    ひときわ明るく輝く星は明けの明星・金星です。

     

     

     

     

     

    夜明けに昇る金星とオリオン座

    Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF3.5 ISO2000 13秒

    まさに「真夏のオリオン」ですね。

     

     

     

    今夜からの関東地方は晴れそうにありません。

    昨夜は移動でバタバタしましたが、なんとか撮れたので良かったです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

     


    星景写真 ブログランキングへ

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL