星景写真の保存

2017.09.17 Sunday

0

    撮影した星の写真はどのようにして保存していますか?

    遠くまで遠征して撮影した大切な写真です。誤って消してしまうことは避けたいものです。

    僕がやっている方法がいいのか悪いのかわかりませんが、参考までに書かせていただきます。

     

     

     

    まず撮影した写真はすべてRAWで撮っています。

    たまにRAW現像していないのでJPEGで撮っていますという人がいらっしゃいますが、その場合でもRAW+JPEGで撮るなどして必ずRAWは残すことをお勧めします。

    星の写真は画像処理によって仕上がりが大きく変わるので、後からホワイトバランスなど設定を変えられるRAWを残しておくことは必須です。

    画像処理のテクニックがあがって来たときにやり直しもききますし、ぜひともRAWで撮影してください。

     

     

     

     


    撮影から帰ってきたらすぐにSDカードからPCへ写真をコピーします。

    僕の場合はカメラ別、年別、遠征別でわけています。

    上の写真は6D改というフォルダーの中身で、その他新6D、6D,5DMark2などのフォルダーがあり、カメラの個体別に管理しています。

    さらに画像処理が終わったらPSD,JPEG、web用に縮小したJPEGで保存するのでRAW含めて1枚の写真が4種類出来ることになります。

     

     

     

     

     

     

    I-O DATA ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1

    I-O DATA ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1

    iPhone7PLUS並みの大きさのポータブルHDD

     

    これでPCの中に写真が保存されたことになりますが、これだけだとPCのHDDがクラッシュしたりした時に大切な写真が消えてしまいます。

    そこでこれはだいたいの人がやられていると思いますが、外付けHDDにコピーします。

    2台が同時に壊れることはないとは思いますが、PCと外付けHDDは繋がっていますから雷などで壊れることもあると考えられ、昨年からさらに小型のHDDにもコピーして3台で保存するようになりました。

    何かあった時に簡単に持ち出すこともできます。

     

     

     

     

     

    HDD3台に保存したものの、地震などなにが起こるかわかりません。

    そこで今まで撮影した写真の中からベスト盤を作って、そのRAWとJPEGをDropboxのクラウドスペースに保存することにしました。

    この作業には時間がかかりましたが、結果的に過去の写真の整理をすることになりとても良かったと思っています。

    今まででしたら膨大な中から探さなくてはいけませんが、ベスト盤があることで効率よくなります。先日の流星写真10選の抽出にも役に立ちました。

     

     

     

     

     

    デジタルになって写真が気軽に撮れてコピーも出来て写真が簡単になりました。

    その反面HDDがクラッシュしたら全てが一瞬で消えてなくなるので、データの保存は気を付けたいものです。

     

     

     

     

     

     

     

    ブログランキングに参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

     


    星景写真 ブログランキングへ

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL