星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
85mmF1.8で星景写真を撮る

星景写真は24mm以下の広角レンズで星と風景とを一緒に撮るのが普通で、50mm以上のレンズは向かないものというのが一般的ですが、TAMRON85mmF1.8というレンズを手にしてからは面白くて意識して使っています。

広角で撮るのと違って宇宙的な星と地上の風景が合わさって意外性のある写真になります。

難易度は高いです。星の対象はオリオン座大星雲やアンドロメダ星雲など明るい星雲に限られるし、風景もある程度の距離で85mmの狭い写野に収まらなくてはいけません。

星を点に写すためには赤道義を使わなくてはいけませんが、85mmなので星の動きが早くて普通に20秒とか露出すると風景が動いてしまいます。短時間露出で済ますためにもF1.8という明るさがポイントになります。

このレンズは開放でも使える性能なので助かります。

広角レンズによる星景写真とは違った世界を見せてくれる中望遠での作例をまとめてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

TAMRON85mmF1.8

開放から使用できる光学性能です。

 

 

 

 

 

 

フルサイズ15mm〜85mmの写野の違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドの雪山とオリオン座大星雲M42

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO6400 2.5秒

向きが日本と逆になります。

 

 

 

 

甲斐駒ケ岳に沈むオリオン座中心部

Canon6D HKIR改造  TAMRON SP85mmF1.8⇒F2 ISO6400 8秒

 

 

 

 

 

妙義山とアンドロメダ星雲

Canon6D改 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO6400 4秒

月明かりに照らされた紅葉の妙義山とアンドロメダ星雲です。

 

 

 

 

乗鞍コロナ観測所といて座中心部

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO8000 15秒

ギリギリで天文台とM8・干潟星雲が一緒に撮れました。

 

 

 

 

乗鞍岳畳平・昇るオリオン座中心部

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO6400 15秒

雲が天然のフィルターになってくれました。

今月号の星ナビにも入選しました。

 

 

 

 

北アルプス立山・雪山と昇る北アメリカ星雲

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F1.8 ISO6400 15秒

 

 

 

 

 

星空ベンチと銀河の星雲星団

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP85mmF1.8⇒F2.2 ISO6400 13秒

星雲星団はうまく撮れたものの、ベンチがかなりぼけてしまいました。

もっと離れて撮らないとだめですね。

 

 

 

 

 

銀河の樹

Canon6D TAMRON SP85mmF1.8⇒F2 ISO5000 8秒

赤い星雲はM8・干潟星雲です。

 

 

 

 

 

 

東京ゲートブリッジと月、釣り人

Canon6D TAMRON SP85mmF1.8⇒F8 ISO800 5秒

上手い具合に釣り人が入ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://starwalker.jugem.jp/trackback/901
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.