南伊豆で星巡り1・逢ヶ浜海岸の星空

2018.02.12 Monday

1

2月11日(日)12日(月)と南伊豆まで星空撮影に出かけてきました。

本来の予定では3連休を使って出かける予定でしたが、土曜日の夜は晴れそうになかったので、日曜日の朝に家を出ました。

ざっと書くとこんな感じで出かけてきました。

 

自宅出発7:00
下田到着12:00
ロケハン12:00-16:00
16:00-17:30仮眠
17:30-18:00夕食
18:00-0:30撮影
0:30-2:30仮眠
2:30-5:30撮影
5:50下田出発
8:30-10:00海老名SAで仮眠
12:00帰宅

 

久しぶりに一晩中晴れて撮影できたのでいろんなパターンを撮ることが出来ました。ぼちぼち現像しながら時系列でご紹介したいと思います。まずは一番最初に行った「逢ヶ浜(おうのはま)海岸」から。

ここは奇岩が多く星景写真向けと聞いて初めて出かけてきました。この夜はいろんな場所ピックアップしていたのですが、ユウスゲ公園・あいあい岬はあまりの強風で身の危険を感じたので諦めました。その他の場所も三脚が飛ばされそうな強風でしたが、なんとか撮影できましたが、しょっちゅうレンズをブロアできれいにしながらの撮影でした。

 

 

夕暮れの逢ヶ浜海岸に昇る冬の大三角

夕暮れの逢ヶ浜海岸に昇る冬の大三角

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO1250 6秒

右の2つの岩は「雀岩」、真ん中は「姑岩」、左の岩の手前の岩が「エビ穴」です。エビ穴はわかりずらいので別の写真でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

雀岩と夕焼けの星空

雀岩と夕焼けの星空

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.2 ISO2000 13秒

 

 

 

 

 

逢ヶ浜海岸の奇岩とオリオン座

逢ヶ浜海岸の奇岩とオリオン座

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 30秒 LeeNo.2

薄明が終わったばかりの星空。露出の設定をしていて南伊豆の空の暗さを実感しました。

 

 

 

 

 

 

エビ岩とおおいぬ座

エビ岩とおおいぬ座

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF2.8 ISO8000 30秒 LeeNo.2

左側の真ん中が空洞の岩がエビ岩です。

 

 

 

 

 

 

エビ岩と冬の大三角

エビ岩と冬の大三角

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 30秒 LeeNo.2

 

 

 

 

 

 

逢ヶ浜海岸12mm魚眼レンズによる冬の星座12mm魚眼レンズによる冬の星座

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F4 ISO6400 50秒 LeeNo.2

冬の天の川もはっきり写る暗い空です。雀岩と姑岩の間にカノープスも写っています。

 

 

 

 

 

ブログランキング「星景写真」に参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL