星空のある風景写真BLOG 〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニュージーランド星空撮影旅行記6

ニュージーランド星空撮影旅行記もこれが最後になります。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

最終日は翌朝の便までゆっくり移動するだけなので朝からタスマン氷河見物に向かいました。

 

 

 

 

 

 

今回撮影に使った機材

ポラリエに別売りのマルチ雲台ベースとスライド雲台プレートDDを取り付けることで、6D+15-30F2.8でもカックンとずれることなく快適に撮影できました。

本来はバランスウエイトを付けてバランスを取って使うものですが、僕は付けずに使用しています。

なお、今回の星空撮影旅行記1〜6に出てくる星以外の写真はこのポラリエの1枚を除いてすべてiPhone7Plusのカメラで撮影したものです。スマホのカメラ恐るべしです^^

 

 

 

 

 

 

 

タスマン氷河の入口です。

 

 

 

 

 

 

駐車場から歩いて15分くらいで氷河湖とタスマン氷河が見下ろせる高台に。

湖面には氷が浮いていて、氷河らしさを感じさせますが、氷河自体は遠くて泥が混じりイメージとは違いました。

 

 

 

 

 

 

その後テカポで休憩。

 

 

 

 

 

 

以前来た時は無かった新たな橋がかかっていました。この橋は夜はライトアップしてるようで、星空をウリにしているこの場所でなぜなんだろうと思いました。

テカポは世界一の星空と言われていますが、教会がはっきり写る理由は街明かりがあるからで、マウントクックの方が暗い空だと思います。

ただ、この地域全体で素晴らしい星空が見えることには変わりありません。

 

 

 

 

 

 

 

前回と同じレストラン湖畔でお弁当。やはり日本食はいいですね。いつも混んでいる湖畔もなぜか空いていました。

マウントクック、ワナカではほとんど日本人がいなかったのですが、ここに来ると何人もの日本人が来られていました。

 

 

 

 

 

 

夜中にクライストチャーチ国際空港に到着。

オープンするまでみなさん仮眠してました。

 

 

 

 

 

 

 

今回は2台のカメラを持参して、交互に撮ったり、1台をタイムラプス用に撮りっぱなしにしたりしていましたので、それを使ったタイムラプスを作ってみました。

 

 

 

 

 

 

月明かりに照らされた山肌と銀河のアーチ

 

 

 

 

 

 

月明かりに照らされたつり橋と銀河

 

 

 

 

 

 

今回の行動範囲です。

 

結局今回の星空撮影は以下の内容でした。

5月1日   曇りで夜半過ぎからは雨。ただしオリオン座方向だけにぽっかり晴れ間が出て30分くらい撮影できました。

5月2日  朝から一日中雨。ただし夜中の0時ごろから快晴となりました。

5月3日  終日快晴

5月4日  終日快晴

5月5日  終日快晴

 

5月のNZは季節の変わり目でもあり、決して晴れが多い時期ではないそうですが、天候には恵まれました。

NZに何度も行かれた菊地さんのおかげで良い旅になりました。この場をお借りして感謝申し上げます。

低緯度オーロラは見ることは出来ませんでしたので、次回はぜひ見られたらと思います。

さて、次はいつ行こうかな(笑)

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

ニュージーランド星空撮影旅行記5

ニュージーランド5日目。星を撮るのは最後になります。

この夜もワナカに泊まる予定でしたが、予定を変更して初日に泊まったマウントクックに変更しました。

先日行けなかったマウントクック国立公園の雄大な風景と星を撮ってみたかったのです。

結果は正解!写真をご覧ください。

 

 

 

 

マウントクック付近の再ロケハン。

ここはフッカー渓谷の入り口付近。ここから多くの人がトレッキングに出かけます。

 

 

 

 

 

 

 

つり橋と雪山がいい感じです。今夜の撮影地を巡りました。

 

 

 

 

 

 

大きな養殖所もあるサーモンをたくさん購入して夕飯にしました。

「そこの日本人はどれだけサーモン食べるんだ」というような感じで見られました^^;

 

 

 

 

 

 

マウントクックと月

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF7.1 ISO5000 15秒

暗くなるとまず初日にも行ったマウントクックが見える場所へ。

月明かりではっきり見ることができました。

 

 

 

 

 

 

雪山に沈むおおいぬ座とカノープス

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒21mmF3.5 ISO3200 15秒

月明かりでまるで昼間のように雪山が写りました。

 

 

 

 

 

 

フッカー渓谷入口にて

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒19mmF4.0 ISO3200 15秒

大きな1本木が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

モニュメントと銀河

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO3200 10秒

マウントクックの記念碑と天の川です。月明かりがなかったら真っ暗で何も映らなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

氷河湖と月

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF7.1 ISO6400 25秒

幻想的な風景が広がっていました。

 

 

 

 

 

 

つり橋とエータカリーナ星雲・大マゼラン雲

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒27mmF4.0 ISO4000 15秒
 

 

 

 

 

 

ポッサムと星空

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF2.8 ISO5000 5秒
 つり橋付近で撮影していると、ちょこちょこ小さな動物が動くのが見えました。あらいぐまかと思っていたのですが、

帰国して調べたところポッサムという動物だとわかりました。橋を渡るときについてきて並んで欄干を歩いたりして楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

ポッサムと星空2

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 3.2秒

 

 

 

 

 

つり橋と南十字星を流れる天の川

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 8秒

よく見ると橋の上にちょこんとポッサムが座っています。

 

 

 

 

 

 

つり橋と銀河

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO5000 25秒

月が山の向こう側に沈み星々が輝きを増してきました。

 

 

 

 

 

 

銀河のアーチ

Canon6D HKIR改造 SAMYANG fisheye 12mm F2.8 ⇒F4 ISO6400 60秒
アオラキ/マウント・クック国立公園の村の上に天の川のアーチがかかりました。

 

 

 

 

 

 

山に沈むエータカリーナ星雲と南十字星,大マゼラン雲

Canon6DHKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF3.5 ISO6400 50秒

 

 

 

 

 

この日も一晩中快晴で5夜すべて星の写真が撮れる幸運な旅となりました。

星はこの夜で最後でしたが、タイムラプス用の画像なども撮っているのでNZ特集はもう1回お届けいたします。

 

 

 

 


ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

ニュージーランド星空撮影旅行記4

ニュージーランド4日目。この日もワナカ泊まりなので、朝から荷物を置いてロケハンです。

事前の調査でクイーンズタウンに抜ける道がスキー場もあることから、良い場所が見つかるかもしれないとロケハンしました。

するとクイーンズタウンが見下ろせるビューポイントが雪山もあり素晴らしく今夜の第一候補に決定。

 

 

 

クイーンズタウンが見下ろせるビューポイント

 

 

 

 

 

 

クイーンズタウン側に下ったところから晩秋の風景が広がっていました。

 

 

 

 

 

 

クイーンズタウンのワカティブ湖畔。絵になる風景が広がっていましたが、街の規模が大きいので明るいかなと夜の撮影はしないことに。

 

 

 

 

 

 

その後少しだけ遠回りして、古い町並みが見られるというクロムウェルという街をロケハンしました。

復元した家々が再現されてるのですが、星景写真をわざわざ撮りに来る場所ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

今夜の撮影場所がいくつか見つかったものの、ワナカ湖でもう少しロケハンしてみようと探してみると、湖畔で湖の中に木が生えてる場所があり、

これはなかなかのポイントを見つけたと喜んでいました。

そこではウエディングドレスのカップルが撮影をしていたことからも、有名な場所だったのです。

これで今夜の撮影場所も決定。夜に備えて仮眠してから出撃です。

 

 

 

 

 

 

ワナカ湖の1本木と昇るさそり座

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒20mmF3.5 ISO3200 10秒

昼間ロケハンで見つけた木と昇ってきたさそり座の天の川を撮りました。

 

 

 

 

 

ワナカ湖の1本木と月

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒20mmF5.6 ISO3200 10秒

とても幻想的な写真が撮れました。

 

 

 

 

 

ワナカ湖の1本木と撮影者たち

Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO5000 8秒

ここでは10人以上のカメラマンが月夜の木を撮影していました。そのほとんどが、中国、台湾から来られた人たちのようでした。

 

 

 

 

 

クイーンスタウンを見下ろす丘と南天の星たち

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO3200 20秒

ロケハンで見つけたオークランドを見下ろせる丘で月明かりの山並みと撮影です。

 

 

 

 

 

羊の群れと大マゼラン雲

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF3.2 ISO4000 10秒

さらにロケハンで見つけた牧場が見える場所に。夜でも羊さんがいてくれました。羊星景です。

 

 

 

 

 

月明かりの道と天の川

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.2 ISO4000 10秒

羊撮影から振り返れば明るい月が輝いているにもかかわらず、秋の風景に銀河が写ります。

 

 

 

 

 

星空自撮り

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒24mmF2.8 ISO5000 13秒

ここでは大マゼラン雲と一緒の自撮り撮影。プロフィール写真に使えるかな?

 

 

 

 

 

月明かりの影と天の川

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF3.5 ISO4000 25秒

月が山に沈んでいくにつれて影が移動していき、銀河の明るさが強まっていきました。

 

 

 

 

 

ワナカ湖の1本木と天の川

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒18mmF2.8 ISO5000 25秒

再び月が沈んだワナカ湖へ。木と天の川が写せました。朝4時過ぎでも他の撮影者がいました。

 

 

 

 

 

ポプラ並木と天の川

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO5000 30秒

ポプラと銀河も美しいです。

 

 

 

 

 

 

パズリング・ワールドと天の川

Canon6D HKIR改造 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒15mmF2.8 ISO6400 30秒

ワナカ湖から2キロくらいのところにあるカフェや迷路がある施設。

倒れそうな建物で有名です。

 

 

 

 

この夜はバリエーションに富んだ星景写真を撮ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
 

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

 


星景写真 ブログランキングへ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.