星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
「田中雅美写真展 オーロラの旅へ」に行ってきました
0

    7月24日(金)に埼玉県の狭山市立博物館までオーロラ写真家の田中雅美さんの写真展に行ってきましたのでご紹介させていただきます。

    田中先生はNHKのオーロラ番組などで有名な写真家で、今回はカナダ イエローナイフを中心に撮影されたオーロラの写真が64点展示されています。オーロラ撮影は20年以上されておりオーロラ撮影の第1人者です。

    私は以前からパノラマや星の動画についてご指導いただいているのですが、オーロラだけでなく幅広く撮影をされているだけではなく写真・動画・カメラの知識がものすごくてお会いする度にその知識の量に驚かされます。

     

    今回の写真展は数も多いのですが、写真がどれも大きいのです。A0やA1という大きさのパネルがたくさんあるので迫力がありますし、ここまで大きくしたのに写真が荒れていないんです。お話をお聞きすると中にはマイクロフォーサーズで撮ったものもあるのにそれがどれかと説明されないとわかりません。

    撮影もそうですが、Photoshopなどでの処理もプロの技が駆使されています。

    写真展は8月30日まで開催されているのでぜひ行かれてオーロラ写真を堪能してください。

     

     

    「田中雅美写真展 オーロラの旅へ」

     

     

     

     

     

     

     

    狭山市立博物館入り口

    中では検温・消毒など感染症対策がしっかりとられていました。

     

     

     

     

     

     

    会場に入ると1階にはB0のパネルがど〜んと飾ってあります。メイン写真は2階になります。

    あれ、見たことがある人たちが!(笑)

     

     

     

     

     

     

    田中雅美先生もいらっしゃってくれていろいろ説明していただきました。

    先生の右の「幽玄の世界」という作品が僕の一番のお気に入りで、まるで絵のような雰囲気のある作品です。

     

     

     

     

     

     

    64点はかなりの枚数になります。

     

     

     

     

     

    いろんなパターンのオーロラ写真があります。

     

     

     

     

    ************************************************

    私が所属する日本星景写真協会の写真展「第4回ASPJ巡回写真展 茅野展」のご紹介もさせていただきます。

     

     

    展示される写真のひとつで告知写真にも使われている「くるみの木と天の川」

     


    名称:日本星景写真協会写真展「星の風景2020」
    日時:2020年7月18日(土)〜9月22日(火・祝)9:00〜17:00 (入場は16:30まで) 
    休館日:7/20(月)、27(月)
    8/3(月)、11(火)、17(月)、24(月)、31(月)、9/7(月)、14(月) 

    場所:茅野市八ヶ岳総合博物館
     〒391-0213 長野県茅野市豊平6983番地 
     TEL:0266−73−0300  FAX:0266−72−6119
    https://www.city.chino.lg.jp/site/y-hakubutsukan/


    入場料:入館料 (大人:310円、高校生:210円、小・中学生:150円)
    ※諏訪6市町村在学在住の小・中学生および茅野市在学在住の高校生は無料

     

    こちらもメンバーの選りすぐりの作品60点が展示されており、私の写真も2枚ございます。

    長野県茅野市と言うことで少し遠いのですが、お近くの方や星見の後にでもお寄りいただければ嬉しいです。

     

     





    ブログランキング「星景写真」に参加しています。
    このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
    にほんブログ村

     


    星景写真 ブログランキングへ

    | 前田徳彦・starwalker | イベント | 17:45 | comments(0) | - |
    東京湾アクアライン 海ほたるから見たネオワイズ彗星
    0

      7月19日(日)の夜に東京湾アクアライン 海ほたるでネオワイズ彗星を撮りましたのでご紹介したいと思います。

      本来この日は千葉県の館山を目指していました。

      昼間のGPVでは千葉県南部と三浦半島あたりが晴れの予報だったのです。

      ところが海ほたるで休憩をしている時に予報を見たところ館山付近に雲が多くかかる予報に変わっていたのです。さて、どうしようといろいろ考えた結果、この海ほたるにとどまって撮影することにしました。

      まず天気がこちらの方が良さそうなこと。目の前が東京の夜景で空が明るく彗星の写りは良くないことは予想できましたが、星景写真として東京の夜景やその方向にある風の塔など魅力的なロケーションではあったのです。

      こういうところで撮るのもおもしろいのではないかと考えて場所を決めました。

      まだまだ時間はありましたが、食事や休憩するところはたくさんありましたし、日中にロケハンもしました。

       

      夕方になってカメラを3台セットすると、思った以上に撮影する人が多くてびっくりしました。私が陣取った北側の柵の前は人でいっぱいになりました。しばらくすると快晴だった空に雲がわいてきて「これは撮れないかも」と思いましたが雲の流れは速くてその間に彗星も見えてきました。いろんな方と話せたので楽しく撮影が出来ました。

      何枚か撮った写真をご紹介します。

       

       

      風の塔・東京の夜景とネオワイズ彗星1

      Canon6D  Canon EF50mm F1.8 STM⇒F2.8 ISO800 1秒

       

       

       

       

      風の塔・東京の夜景とネオワイズ彗星1 拡大

      Canon6D  Canon EF50mm F1.8 STM⇒F2.8 ISO800 1秒

      薄明中ですが双眼鏡でその姿を見ることができました。隣にいた方がスワロフスキーの双眼鏡を見せてくれたのですがすごく良く見えてびっくりしました。こんなに差があるものなんですね。

       

       

       

      風の塔・東京の夜景とネオワイズ彗星2

      Canon6D  Canon EF50mm F1.8 STM⇒F2.8 ISO1000 1.6秒

       

       

       

       

      風の塔・東京の夜景とネオワイズ彗星3

      Canon6D  Canon EF50mm F1.8 STM⇒F3.5 ISO1000 2秒

      この時間帯が一番よく見えました。

       

       

       

       

      ネオワイズ彗星 105mm

      Canon6D HKIR改造 TAMRON SP70-200F2.8(A009) F2.8→105mmF3.5 ISO1250 3.2秒 

      SNSなどでいろんな方の写真を拝見していますが、30mmでもこの写真より長く尾が写っています。やはり彗星は空の暗い場所で見たいものですね。

       

       

       

      風の塔・東京の夜景とネオワイズ彗星4

      Canon6D  TAMRON SP85mmF1.8⇒F3.5 ISO1000 2秒

      85mmの縦構図で撮影。この後雲がやってきて撮れなくなりました。

       

       

       

       

      東京の夜景

      右の方のタワーがスカイツリー、左に見えるのが東京タワーです。

       

       

       

       

      風の塔と東京の夜景

      シン・ゴジラにも出てきた風の塔です。

       

       

      YouTube動画・海ほたるから見たネオワイズ彗星 2020年7月19日

      撮影した様子を動画にまとめましたのでご覧下さい。

       

       

      ブログランキング「星景写真」に参加しています。
      このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
      にほんブログ村

       


      星景写真 ブログランキングへ

      | 前田徳彦・starwalker | 海と星空のある風景 | 20:49 | comments(0) | - |
      日没後のネオワイズ彗星を追って
      0

        連日素晴らしい尾を引くネオワイズ彗星の写真がSNSで届けられています。

        本州はあいにくの天候で、なんでよりによって梅雨時に来るかなぁと恨めしい気分です。

        一気に北海道まで遠征する猛者も現れて数十年に1度の大彗星に星屋さんは盛り上がっています。

        そんな中、7月18日に可能性が非常に低いながら出かけてきてなんとか撮影できましたのでご紹介したいと思います。

         

         

        絶望的な予報でしたが、諦めたら試合終了なので行ってきました。

        予報がころころ変わるので一番初めは嬬恋村を予定し、途中で長野県の霧ヶ峰方面を目指しましたが、佐久で目視したところ湯ノ丸方面に青空が見えたので急遽湯ノ丸高原に向かいました。

         

         

         

         

         

         

        湯ノ丸高原に到着するとこんな空が広がって大いに期待されたのですがその後雲に覆われてしまいました。

         

         

         

         

         

         

        夕暮れのネオワイズ彗星

        Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒30mmF2.8 ISO1600 6秒

        今夜は無理かなぁと思いつつ露出テストで撮った写真にかろうじて写っていました。

         

         

         

         

         

         

        夕暮れのネオワイズ彗星

        Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒30mmF2.8 ISO1600 6秒

        今夜はいけるかも!とこの時は期待しました。

         

         

         

         

         

         

        夕暮れのネオワイズ彗星3

        Canon6D TAMRON SP15-30mmF2.8G2(A041)⇒30mmF2.8 ISO2500 6秒

        この写真を最後に雲に覆われてしまいました。

        まだまだこれからもあきらめずにネオワイズ彗星を追いかけます。

         

         

         

         

         

        同時に撮影していたリアルタイム動画にもかすかに写っていました。

         

         

         

         

         

         

         

         

        ブログランキング「星景写真」に参加しています。
        このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

        にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
        にほんブログ村

         


        星景写真 ブログランキングへ

        | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 12:53 | comments(0) | - |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + YouTube:星景写真の撮り方
        + twitter
        + 星空のある風景 カレンダー 2021
        + facebookページ
        + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
        ブログパーツUL5
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE