星空のある風景写真BLOG 〜眠りたくない夜がある〜

天体写真の中でも星景写真と言われる星空と風景が一緒に写った写真を撮り続けています
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
写真集「星空風景」発売中
無料アプリ「星空壁紙」
このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大洗・神磯の鳥居と天の川
何回か行ったことがある茨城県大洗町にある神磯の鳥居と天の川を撮影してきました。
この日は星仲間のミツルさんから長野、山梨などは晴れそうになく海沿いなら撮れそうということで千葉の犬吠埼、大洗、ひたちなかなどを検討していたのですが、夏の天の川をきちんと大洗では写せていなかったことを思いついて決定しました。

現地に着いてみると4.5人が撮影中。ここでこんなに人を見たことがなかったのでみんな同じようなことを考えているのかなと思いつつ、手前にいた人に「星の撮影ですか?」と話しかけたところ「前田さん?」と言われ誰かと思ったらなんと星景写真協会のベテラン写真家さんでした。その後ミツルさんも到着してこの日は朝方まで撮影することができました。
天気もGPVとぴったり合って夜明け前から雲が出てきましたがそれまでは晴れていました。大洗の空としてはかなり良い方だったと思います。

大洗・神磯の鳥居とさそり座
Canon6D改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒30mmF3.5  ISO2500 15秒 












大洗・神磯の鳥居とさそり座、ケンコープロソフトンA
Canon6D改 TAMRON SP24-70mmF2.8⇒35mmF4  ISO3200 15秒 









大洗・神磯の鳥居と銀河中心部
Canon6D改 TAMRON SP24-70mmF2.8⇒50mmF4  ISO3200 15秒 









大洗・神磯の鳥居といて座、さそり座
Canon6D改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒20mmF4  ISO3200 15秒 








大洗・神磯の鳥居といて座の天の川
Canon6D改 TAMRON SP15-30mmF2.8⇒24mmF3.5  ISO3200 15秒 










ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

野島崎灯台と星空
南房総のラストは野島崎灯台です。灯台と星空を撮るだけのつもりが裏の方の海辺に良いロケーションがあったのでそこで撮影しました。岩場からの撮影はすぐ下が海なので落ちないように慎重に撮影しました^^;夜明けの天の川を撮影するには時期的にまだ早いですね。


野島崎灯台と星空










岩の上のベンチとしし座
意外な場所にベンチがありました。









南房総・昇る月とさそり座
かすかに天の川らしきものが写っています。
3月くらいになると海から昇る濃い夏の天の川が楽に見えると思います。









夜明けの海と昇る月・さそり座










夜明けの海と昇る夏の大三角
夕方に見える白鳥座は早くも明け方に見ることができます。











野島崎灯台と夜明けの月













にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

南房総・根本海水浴場の星空
屏風岩付近で撮影していましたが、街灯の明かりの影響を強く受けるのでもっと道から離れた撮影場所はないかと移動しながら探したところ根本海水浴場のある場所だけ道からかなり離れるのでいいのではないかと思い行ってみました。
ここには根本マリンキャンプ場があり、昔何回かキャンプをしたことがある懐かしい場所です。ここだと街灯の影響がかなり少なくなるので砂浜から何回か撮影したのでご紹介します。


根本海水浴場の電線と沈む冬の星座









根本海水浴場の砂浜と沈む冬の星座
一番先端で撮影したのがこの写真です。








根本海水浴場の砂浜と沈むオリオン座









にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

千葉県南房総の星空・ラブジョイ彗星
ラブジョイ彗星も明るくなっているし月も小さいので千葉県最南端にある南房総市に出かけてきました。
この付近では過去撮影したことがありますが、今回はフラワーパーク東寄りの海岸を目当てに向かいました。ここには奇岩が多く屏風のように海中に立つ「屏風岩」は県指定の文化財に指定されています。

23時過ぎに到着すると空は暗く思ったより星が綺麗に見えました。
早速7×50でラブジョイ彗星を見ましたが、肉眼で尾は確認できなかったものの大きな光のかたまりがはっきりとらえられました。
ガイド撮影した彗星と岩礁と星空の写真をアップしますのでご覧ください。


昴とラブジョイ彗星
Canon6D TAMRON24-70 F2.8⇒70mmF4 30秒×6枚加算平均合成
ISO5000 ポラリエにて追尾撮影
尾もなんとか写ってくれました。









岩礁と沈む昴・ラブジョイ彗星
こちらは49mmでの撮影です。






岩礁の海岸と冬の星座









巨大岩と冬の星座










今週21日に発売する「明日からやる気がでる!星空名言集」の見本誌です。
この本は全て僕が所属する日本星景写真協会のみなさんの写真が使用されており、僕の写真も1枚使われています。よろしければ本屋さんで手にとってご覧ください。









ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

城ケ島の星空・カノープス
お正月は毎年恒例で三浦半島の星空を撮っていますが、今年も城ケ島に出かけてきました。昨年12月の三浦市の広報で紹介されたこともあり、いつもより三浦が身近に感じました。
彗星が来たのでアップが遅くなりましたが、元旦から2日にかけての写真をご紹介させていただきます。


城ケ島から見た星空・シリウス〜木星










馬の背洞門と木星
この日は引き潮だったので奥まで入って撮れました。










馬の背洞門と昇るしし座・木星










波の岩場とカノープス
城ケ島でカノープスが見えることは知っていましたが、実際見えたのは初めてです。思ったより高い位置に見ることができました。









大犬座とカノープス
カノープスを見つける目安にしてください。







にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

三浦市の広報「三浦市民」に掲載されました
神奈川県三浦市役所の方から広報「三浦市民」の中の「みんなの三浦自慢」というコーナーで取り上げたいの取材をしたいというメールをいただきました。妻の実家が横須賀なのでお正月に帰ったときは城ケ島の星空などをたびたび撮影しており、そのブログの写真をご覧になって連絡いただいたようです。

このことを妻に話すと三浦市には住んだこともあり知り合いもたくさんいるのでぜひ受けてみたらと言うので取材していただきました。
その本誌が送られれ来たのでご紹介します。
てっきりどこか1コーナーかと思っていたのですが、なんと表紙でした^^;

詳しい内容はweb版に掲載されていますのでこちらをご覧ください。





「三浦市民」の表紙で紹介されました。










表紙で採用された「馬の背洞門と昇るオリオン座」です。
2010年撮影。










夜明けの馬の背洞門と消えゆく星たち
こちらは今年のお正月に撮影した写真です。
城ケ島のこの場所はとても絵になる場所です。









ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村
夜明けの海と接近する月・金星
4月26日の朝、月齢26の細い月と金星が接近するというので茨城県ひたちなか市の海岸まで出かけてきました。当日は晴れてはいたものの、全体にもやがかかったようなはっきりしない空でしたが、薄明直前に月が、その後マイナス4等級というまばゆい輝きを放つ金星が昇ってきてグラデーションの空とともに美しい光景に出会えました。


ひたちなか海岸に昇る月齢26の月









ひたちなか海岸に昇る月と金星









ひたちなか海岸に昇る月と金星2









夜明けの海に昇る月と金星









夜明けの海に昇る月と金星2









夜明けの海に昇る月と金星3







ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村
ひたちなか市海岸の岩礁群と星空
雪が2週連続で降った関東ですが、ひさしぶりに晴れそうだったので星の写真を撮ろうと場所を検討しました。
山間部は大雪の影響があるのでそれ以外の場所で考えたのですが、GPVの予報だと関東南部は雲があるようなので北部に限られ、しかも雪のない場所と言うことで茨城県の海岸に狙いを定めました。大洗の鳥居は何度も出かけたのでそれ以外で検索したところひたちなか市の海岸は岩場が特徴的でなかなか良さそうだったのでここに決めました。

土曜の22時過ぎに着いてみると場所は駐車場もあり明かりの邪魔もないのでばっちりでした。
空は予想と違い雲に覆われていたのですが、時間が経てば晴れてくるだろうと待っているとそのとおりに雲が取れだして数枚撮影しましたが、どうせ晴れるのだからすっきり快晴になってから撮影しようと余裕でいたところ再び現れた雲に全天が覆われてしまいました。

予報と違うけどどうしたんだろうとGPVをチェックしてみると一転、朝まで曇りに変わっていたのでした。晴れ間はいわきあたりまで北上しなくてはなさそうなのですが、そこまで移動する時間はないし、ウエザーニュースの予報はあいかわらず晴れなので移動しないことを選択したのですが、結局朝まで雲は取れませんでした。
これはリベンジ必至ですね^^;


ひたちなか海岸の岩場と昇る春の星座・24mm











ひたちなか海岸の岩場と昇る春の星座・14mm










ひたちなか市海岸の岩礁群
この後雲が広がってきてすっかり覆われてしまいました。

なお、平磯海岸から磯崎海岸にかけて見られるこの岩礁群は約6,500万年前の中生代白亜紀時代のものでだそうです。








月明りのひたちなか市海岸1
12時半に月が昇ってきました。なんども車の窓から空をチェックしましたが、雲が取れることがありませんでした。








月明りのひたちなか市海岸2









撮影地近くのバス停時刻表
ロケハン中に見つけたのですが、な、なんとバスは1日1本しかありませんでした。






ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村
立石海岸と星空
お正月2日の朝は城ケ島で撮影しましたが、夕方には夕日と富士山で有名な立石海岸に出かけてきました。ちょうど夕陽が落ちた頃に着いたので夕陽を見る人でいっぱいでしたが、やがてさ〜っと減っていき、ゆっくり撮影できました。
富士山も見えないところでいったい何を撮っているんですか?と聞かれるほどです^^;

空にグラデーションが残る中、明るく輝く金星とともにしだいにあらわれてくる星々を撮影しましたのでご紹介します。


立石海岸の夕暮れ









立石海岸と宵の明星
岩の右側に金星が見えます。さらに右下に細い月が写っているのですが、拡大しないとわからないですね。









立石海岸と宵の明星
撮影場所を変えて名物の岩と松を入れてみました。











立石海岸と沈む夏の大三角
星々が輝きはじめました。










立石海岸と星空
海岸まで降りて波を強調して写してみました。





曲はドビュッシー作「月の光」で僕も大好きな曲です。
よろしければご覧ください。





ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村
城ケ島・馬の背洞門と星空
毎年お正月には妻の実家がある横須賀に出かけるのでそのついでに毎年三浦半島の星空を撮影しています。だいたい夕景を撮影するのですが、ふと夜明け間には行ったことがないことに気付いたので3時に起きて城ケ島まで出かけてきました。

現地はすごい風で海鳴りが怖いくらいだったのですが岩場を降りて有名な馬の背洞門に行ってみると釣り人の方が1人いらっしゃいました。
夜明けが来てから海に入るということでしばらく雑談など。
お互い寒さに耐える過酷な趣味ですねなどという話をしていました。

夜明けが近ずくと馬の背洞門の間に夏の星座であるさそり座の頭が昇ってきました。
3月になると夜明けの天の川も撮ることができます。寒い日が続きますが、確実に季節は変化しているのですね。

夜明けグラデーションとともにここの風景が写せて良かったです。




馬の背洞門と昇るさそり座









夜明けの馬の背洞門と消えゆく星たち
釣り人が海に入っていきました。












夜明けの城ケ島海岸に沈むふたご座と木星







ブログランキングに参加しています。
このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.