星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
冨士山を望む峠からの星空
0
     前回の続きです。

    今回の目的は富士山と天の川を撮ること。
    目的の星空と数カット撮ったところで雲に覆われてきました。
    その前から富士山写真を撮り続けているX富士さんにメールをしていたんですが、今夜は伊豆方面に移動中とのこと。冨士の逆側の朝霧高原から冨士に昇るオリオン座はいかが?とアドバイスをいただいたので、それだぁ!と思い移動しました。
    ところが天気はうまくいかないものでそれから星を見ることはありませんでした。
    でも次回の候補地も今回確認できたので満足!
    今回は富士山の周りをグルリと1周しちゃいました。

    翌日は妻のリクエストである御殿場アウトレットへ。
    ここはとても人気があるので休日はたえず渋滞しています。ましてや5連休の最中なので何か良い方法はないかなと行く前にホームページを調べてみると、連休中だけ東名足柄SAに車をとめて無料シャトルバスでアウトレットまで連れて行ってくれるとのこと。
    これなら渋滞に巻き込まれず便利だと思い御殿場から東名に乗ってすぐの足柄SAに停めて行きました。3連休など特別な休日にはやっているそうで、これはお勧めです。

    アウトレットから帰ってくると車のウインドウになにやらメモが。
    そこには「X冨士参上」の文字が!^^
    メールでここにくるのはお知らせしたあったので伊豆の帰りにわざわざメッセージを残しに寄ってくれたみたいです。
    富士山と工場写真の達人はすごく楽しいナイスガイです♪
    X富士さん、お世話になりました。





    秋の富士山、山中湖と星空









    山中湖と沈む北斗七星









    山中湖と北天の星々









    御殿場プレミアムアウトレット
    ここはあくまで妻の付き合いだったはず。なのですが欲しかった靴が安くて2足ほどと、服もちょっと...というわけで僕のほうが買ってしまいました^^
    やばいなぁ、しばらく節約しないと。









    アウトレットから車に戻るとこんなメッセージが^^









    ブログランキングに参加しています。
    このブログを気にっていただけたら↓をポチっとお願いします。
    にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 17:06 | comments(10) | - |
    秋の富士山と天の川
    0
       8月9日のブログでご紹介した富士山と山中湖。
      X富士さんにお世話になり初冨士山でしたがこの時は天気が悪く「星空のある風景」は撮影できませんでした。
      いつかは星と...と思っていましたが、この5連休に晴れそうだった日曜の夜、僕の「星空撮影」と妻の「御殿場アウトレット」という思惑が一致しまして急きょ行ってきました。

      もやも少しありましたが、なんとか天の川と富士山の撮影に成功。
      次は雪をかぶった時かな。



      秋の富士山と天の川
      夕方は快晴の空で天気予報も一晩中晴れ!
      今夜は完璧だなぁ〜なんて考えていました。
      でも実際は21時前には曇りはじめその後晴れることはありませんでした。
      遅れたら撮れなかったかも。
      危ない、危ない^^;








      秋の富士山と天の川・魚眼








      現地に行く途中、山中湖畔での撮影。
      18時06分。







      ブログランキングに参加しています。
      このブログを気に入っていただけたら↓をポチっとお願いします。

      にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
      にほんブログ村
      | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 19:39 | comments(13) | - |
      秋の気配
      0
         「今の時期、ススキの花穂は赤いんだよ」
        と妻に聞いて、「なるほど〜確かに穂が赤いね」としし岩に広がるススキを見ながめていました。

        そんなススキを入れて星空を写してみるとすっかり秋の気配がある写真に。



        ♪あれがあなたの好きな場所。港が見下ろせる小高い公園♪
        って知っています?
        オフコース「秋の気配」の歌い始めです。
        ブログの内容とは関係ありませんが(笑)


        やっと僕の好きな季節がやってきます。
        星がキレイになることもあるんですが、なんというかこのせつなさが好きです。
        星の写真もがんばろう!





        ススキと昇る秋の星座たち
        ペガススの大四辺形、カシオペアなどが昇ってくるを見ると秋を感じます。
        下界は野辺山の街明かり。小さく電波望遠鏡も写っていますが、わかるかな〜。









        ススキといて座の天の川









        星の時計
        北極星を中心に、北斗七星が西に沈んで行き、カシオペアが昇ってきました。
        まるで星が繰る天の時計のようです。




        ブログランキングに参加しています。
        このブログが気に入っていただけたら↓をポチっとお願いします^^


        にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
        にほんブログ村
        | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 09:30 | comments(17) | - |
        夕暮れの八ヶ岳と星空
        0
           長者の森キャンプ場を後にして1時間。野辺山駅に着きました。
          娘がどうしてもレンタサイクルに乗りたいというので駅で借りてから、受付のおじさんに聞いたりしながらコースを決めました。
          よくあるコースということで牛乳の工場見学→国鉄最高地点→電波天文台→余裕があったら八ヶ岳が展望できるしし岩→駅に戻りを計画。

          しかし、しかし、駅からちょっと行ったところにある牛乳の工場で早くも妻はバテ気味。
          ここで終わるのもなんだから国鉄最高地点までは行こうよと長〜い上り坂をゆっくり、ゆっくり走りながら行きました。
          それが僕らの限界でその先に行く体力は無く、一気に駅に。
          そこからはずっと下り坂なのでほとんどペダルをこぐことなく楽チンで帰りました。
          最初の苦労があったから帰りは楽になったんだよと娘に。
          人生も同じですね〜^^

          車に戻ってからもレンタサイクル屋のおじさんに聞いた「八ヶ岳が展望できるしし岩」がすっごく気になり行ってみました。
          けっこうきつい長い坂を車で昇り「これは自転車じゃありえないでしょ」と3人言いながら開けた駐車場に。
          目の前に八ヶ岳が広がったすばらしい展望の場所でした。
          「おじさんステキな場所を教えてもらってありがとう!今夜はここで星空と八ヶ岳の写真を撮るぜ」と決め一旦夕食の為に清里まで降りましたが、再び昇ってきて夕暮れの八ヶ岳と三日月、星空が撮れました♪




          残照の八ヶ岳と沈みゆく春の大曲線
          すっかり明るさが消え星々が顔を出してくると八ヶ岳の上に北斗七星が見え出しました。









          時系列を戻して昼間の風景から順番にのせますね。
          これが16時のしし岩。









          夕暮れの八ヶ岳と三日月
          18時45分
          ちなみにこの日の日没は18時23分でした。









          夕暮れの三日月1
          19時07分









          夕暮れの三日月2
          19時24分










          八ヶ岳と沈む三日月、見え始めた星たち
          19時29分









          沈む三日月と見え出した天の川
          19時33分







          ブログランキングに参加しています。
          このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

          にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
          にほんブログ村
          | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 00:03 | comments(12) | - |
          キャベツ畑と天の川
          0
             先日ご紹介した嬬恋村の続編です。
            キャベツ畑から北や南の方向を写しました。
            木星がまるで金星かと思うほど明るく輝いていました。木星の衛星って70−200望遠レンズのライブビューでも見えるんですね!


            最近うちのPCの具合が悪く、ソフトが立ち上がらなかったり、次第に文字化けしたり、途中で固まったりという症状があったのでビバキャンパークラブのPC専門家Tさんに電話したところ、おそらくハードディスクが原因だから見てあげると日曜に来てもらうことになりました。
            HDDが原因ならデーターを保存しないと!となんとか外付けへの移動は完了!
            その後は不安定なフォトショップやDPPをだましだまし使ってなんとか更新まできたところです。

            怖い怖い^^



            キャベツ畑と天の川
            キャベツ畑と天の川
            月が無い夜だったのでキャベツ畑をはっきり写すことはできませんでしたが、雰囲気だけでもわかるでしょうか?
            なおここでは比較明は使っておらず通常の長時間露出です。















            キャベツ畑と北天の星々
            キャベツ畑と北天














            さそり座の頭と浅間山
            さそり座の頭と浅間山
            望遠で狙ってみました。














            帆苦
            沈む北斗七星、昇るカシオペア座













            北斗七星

            沈む北斗七星












            いて座から夏の大三角の天の川
            いて座〜夏の大三角に流れる天の川
            明るい星は木星です。



















            てるてる坊主
            てるてる坊主。
            2日目の夕方に「晴れないかなぁ、晴れないかなぁ」とずっと言っていたので妻が作ってくれました。
            時間まで指定してあります(笑)
            結果的には効きました^^




            ブログランキングに参加しています。
            このブログが気に入っていただけたらポチっとお願いします。
            にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
            にほんブログ村
            | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 00:58 | comments(12) | - |
            浅間山から昇る天の川
            0
               この3連休はビバ!キャンパークラブの定番キャンプ場である「浅間高原ファミリーオートキャンプ場」に出かけてきました。
              場所は北軽井沢から10分ほど車で走った場所にある高原キャベツで有名な嬬恋村です。
              月曜日が妻と娘に用事があったので1泊の予定でしたが、温泉人さんに家まで送っていただけることになり連泊がが決定!おかげさまで快晴の空に恵まれて天の川の写真が撮れました。

              温泉人さん、ありがとうございました。

              写真はかなり撮ったのですが体力の限界なので今日は4枚だけアップして寝ます(笑)
              とにかく浅間山からまるで噴火のように湧き出る天の川が印象的でした。

              では天の川4連発!




              浅間山から昇る天の川
              浅間山から昇る天の川













              浅間
              浅間山から昇る天の川2














              浅間山から昇る天の川と夏の星座たち
              浅間山から昇る天の川と夏の星座たち













              浅間山から昇る天の川と夏の星座たち2
              浅間山から昇る天の川と夏の星座たち2








              ブログランキングに参加しています。
              このブログを気に入っていただけたらポチっとお願いします。

              にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
              にほんブログ村
              | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 21:59 | comments(18) | - |
              日光戦場ヶ原の星空
              0
                昨年は3月22日に突然思い立って日光戦場ヶ原に行ったことをブログに書きましたが、今年も同じ時期に出かけることになりました。
                そもそもこの3連休は晴れないと天気予報が伝えていたので星は半分あきらめて畑やら部屋のかたずけやらを予定していたのですが、木曜の夜に天気予報を見ると金曜の夜はほぼ確実に晴れるというので、それなら昨年と同じように日光で撮影してから夜中に栃木の佐野に移動して翌日はカタクリを見に行こうと決めました。
                妻が都内に用事があるので帰ってきてから一緒に行くつもりだったのですが遅くなることがわかったので今回は娘と2人旅。撮影中に娘が読むために図書館で本を3冊借りてからGOしました。

                うちから戦場ヶ原までは高速を使って3時間弱。
                いち早くきれいな星空を見るには手軽にいける良い場所です。
                いろは坂を昇っていくと思った以上に道路わきに雪があるので途中大丈夫かと心配しましたがその後はそうでもなく道路はまったく問題ありませんでした。
                昨年は中禅寺湖でボートに乗ったりそばを食べたりしましたが今回は時間がないので戦場ヶ原に直行。3時過ぎに家を出て6時ごろ到着となりました。

                戦場ヶ原の様子は昨年よりは雪が多いかなと言う感じで気温はずっと0度。昨年はマイナス2度だったので暖かいはずですが風が強くて寒く感じました。
                星空はさすが戦場ヶ原で薄明中でも星の光が強く、暗くなると淡い冬の天の川も見えて、最近ぼーっとしてきた埼玉の星空とはわけが違います。

                さて、昨年は途中から満月が昇ってきたおかげで戦場ヶ原の風景がはっきり写すことができましたが今回月の出は1時57分ですから撮影は真っ暗な空で行なうこととなります。
                したがって冬の天の川などを写すことができますが、地上の風景は昨年のようにはいきません。
                でも今年は5DMark兇嚢盍凝戮使えましたから風景もある程度写すことができました。

                次は月明かりの下でこのカメラを使ってどの程度写るのかを見てみたいですし夏の星空も写してみたいです。来週から高速料金も1000円になりますから行く機会が増える気がします。これって麻生さんの思う壺?(笑)



                日光戦場ヶ原と冬の星座たち
                日光戦場ヶ原と冬の星座
                山奥深い日光戦場ヶ原でも南は関東の明かりが影響してきますが、それでも天の川がうっすら写るきれいな星空です。




                雪遊びする娘
                雪遊びするうちの娘
                到着したときは日が沈んだ後でしたが、僕がセッティング中はずっと雪で遊んでいました。その後撮影中は車で本を読んでいて2冊半は読んでしまったようです。




                薄明と冬の星座
                薄明と冬の星座
                日没1時間後の空です。




                戦場ヶ原看板と北天の星空
                戦場ヶ原看板と北天の星空
                ISO6400で看板も写ってくれ、カシオペア付近の天の川もきれい入りました。



                戦場ヶ原と北天の星々
                日光戦場ヶ原と北天の星空




                男体山と昇る春の星空
                男体山と昇る春の星空
                明るいのは車のライトの軌跡。こんな山の中なのにけっこう車は通ります。




                しし座からオリオン座まで
                しし座からオリオン座まで




                日光戦場ヶ原と冬の星々の軌跡
                日光戦場ヶ原と冬の星々の軌跡
                比較明ではなく3分間の1枚露出です。



                ↓ブログランキングに参加しています。
                もしブログを気に入っていただけたらポチっと押していただくとうれしいです。
                にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ









                | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 00:15 | comments(8) | - |
                オリンピック白馬ジャンプ競技場と星空
                0
                  白馬付近で山に登ったり移動したりしている最中もたえず星空とのマッチングは考えていていろいろ候補地はあったのですが昼間このジャンプ台を見てビビッときたので晴れたらまずここに来ようと思っていました。
                  1998年の長野オリンピックでは日の丸飛行隊が活躍した場所です。

                  唯一晴れた16日夜は満月。煌々と輝く満月のおかげで天の川など淡い星はかき消されてしまいますが地上の風景は月明かりで浮かび上がり「星空のある風景」写真には好都合となります。
                  晴れてすぐ現地に行くとちょうど北斗七星が沈むところだったのであわててカメラをセットして撮影開始しましたがわずか1時間で雲がかかってしまい撮影を終了。その後もほとんど雲が切れずその後写真を撮ることはできませんでした。
                  数日いても1枚も撮れずということもあるのでこれだけ撮れただけでラッキーと思っています。

                  それにしてもこの夏は安定しない天気で星空写真には悩ましい夏となりました。
                  秋冬はその分撮りまくろう!



                  白馬ジャンプ競技場と沈む北斗七星a
                  白馬ジャンプ競技場と沈む北斗七星
                  ジャンプ台は大きくて迫力があり遠くからも目立ちます。
                  左の明るい星はうしかい座のアークツールス。北斗七星から続く春の大曲線が沈んでいくところです。



                  白馬ジャンプ競技場と沈む北斗七星2
                  白馬ジャンプ競技場と沈む北斗七星2
                  違う角度からの1枚。



                  白馬ジャンプ競技場と昇るカシオペア
                  白馬ジャンプ競技場と昇るカシオペア
                  秋の星座カシオペアが昇ってきました。



                  満月に照らされる国旗
                  満月に照らされる国旗
                  競技場に掲げてある国旗と月が良いマッチングだったので撮影してみました。
                  右の明るい星は木星でその付近がいて座です。



                  満月の白馬
                  満月と白馬のペンションが絵になっていました。



                  霧にの八方尾根と沈む北斗七星
                  霧にの八方尾根と沈む北斗七星
                  帰り道八方尾根から雲が沸いてくる様子を道路際から撮りました。
                  ここではいたるところで撮影ポイントがあり、晴れていれば寝る暇がなさそうです(笑)




                  ジャンプ中!
                  翌日再びジャンプ台に行って見ると競技の最中でした。
                  あの角度でジャンプするなんてすごい競技です。



                  ジャンプ台と記念撮影
                  前の夜この記念撮影台を見て娘が一緒に撮りたいというので再び来たというわけです(笑)







                  | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 00:05 | comments(12) | - |
                  そうだ、日光へ行こう!
                  0
                    昨年は3月25日のブログで紹介していますがカタクリの花がそろそろ見頃かなと思い、土曜日は栃木県のみかも山に家族で出かけようという話になりました。
                    妻が「カタクリだけでなく近くにもおもしろそうな場所があれば調べておいて」と言うのでなにげなくグーグルの地図をスクロールして見ていたところ「日光ってもう少し走れば着いちゃうんだなぁ」と思い、道の状況などを調べると戦場ヶ原までは道に雪も無く行けるとのこと。みかも山と日光って近くはないんですけどね(笑)
                    妻に日光なんてどう?と聞くと「いいんじゃない」というので「初日は日光に行って観光と星の写真、夜にみかも山近くの道の駅に移動して泊まり。朝からカタクリなどを見る」という一泊旅行になりました。
                    キャンピングカーだとこういう突発的なことができるのが便利です♪

                    行くことに決めたのが12時ごろで出発が1時。高速に乗って4時過ぎにには中禅寺湖に到着しました。遅く着いた割には華厳の滝を見て中禅寺湖でボートに乗って、名物ゆば定食を食べてと一通りこなし、薄明が残る6時過ぎには戦場ヶ原に到着です。
                    今回のイメージは満月に照らされた戦場ヶ原の風景と沈む冬の星座です。空の暗い場所なので星だけの写真なら月の無い夜がいいのですが僕のように星空と風景が目的の場合は月のあかりが必要なのです。
                    月の出は18時30分。しかし男体山の影に隠れてなかなか現れません。
                    暗い中何枚かためし撮りしましたがやはり風景がいまいちです。しばらくするとまだ月が見えないのに遠くの山だけが月に照らされて明るく見えてきました。そのうちに男体山の影から月が顔をだすとあたりがぱーっと照らし出されて明るくなりました。
                    満月ってすごいなー。なんて思いながらマイナス2度の気温の中写真を撮りましたのでご紹介します。

                    翌日は予定通りみかも山公園に行きました。
                    カタクリも満開前できれいに咲いていて他にコウズ桜など春の花が咲き出していました。
                    この季節家族で行くには良い場所です。

                    それにしても疲れました。寝不足と花粉のダブルパンチです。
                    このブログが更新できたらぐっすり寝るとします☆


                    戦場ヶ原とオリオン座
                    戦場ヶ原とオリオン座
                    この場所に来るのはヘールボップ彗星以来10年ぶり。
                    思えば一緒に来た妻は妊娠中でした。
                    娘には「ここにはお前がまだお腹に中にいる時に一緒に彗星を見に来たんだよ」といいました。





                    月あかりに照らされる木道と沈むカシオペア座
                    月あかりに照らされる木道と沈むカシオペア座
                    月が出る前はさっぱり写ってくれなかった木道も満月が昇るとこのとおり。




                    戦場ヶ原に沈むおうし座
                    戦場ヶ原に沈むおうし座
                    真ん中あたりのごちゃっとした星の集まりがプレアデス星団「すばる」です。
                    満月のあかりで雪が残る山々が映し出されました。



                    中禅寺湖に沈む冬の星座
                    中禅寺湖に沈む冬の星座
                    帰り際の中禅寺湖で狙っていたアングルです。
                    うす雲が出てきてしまいました。春なので冬のようにずっと快晴は期待できません。



                    かたくりの花
                    かたくりの花
                    日曜の朝、みかも山のカタクリ園に多くの人でにぎわっていました。
                    まだ見ごろは続きますよ。



                    コウズ桜
                    コウズ桜
                    昨年もちょうど見ごろだったコウズ桜。
                    東京の桜も開花したので来週は桜と星空に挑戦します☆








                    | 前田徳彦・starwalker | 山と星空のある風景 | 21:08 | comments(6) | - |
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << October 2018 >>
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + 星空のある風景 カレンダー 2019
                    + 電子書籍「星の詩」
                    +  
                    + facebookページ
                    + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
                    ブログパーツUL5
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE