上尾天文台

2007.01.22 Monday

0
    北半球でもマックノート彗星の尾が見られると聞いて土日は出動態勢を引いていたのですが関東地方は曇り空で見ることができませんでした。これからは月も大きくなり、彗星は暗くなっていくので日本から尾を見るのは難しいかもしれません。
    それにしても南半球ので撮影された彗星の姿は美しいです。しばらくは南から送ってくるの映像を楽しむことにしましょう。

    マックノート彗星総合投稿サイト
    連日オーストラリアで撮影した彗星の写真を見せてくれるOSAMUさんの豪州的 花鳥風月
    日本で撮影した尾の写真を掲載されているフルーツ&スカイのお気楽観望記


    日曜は晴れる見込みがなくなったので午後から家族で上尾天文台のある上尾丸山公園に出かけてきました。上尾天文台では土日の日中はプロミネンスアダプターがある望遠鏡で太陽の黒点やプロミネンスを見せてくれますし、土曜の夜は星を見せてくれるので興味がある方にはお勧めします。この日は曇っていましたが係りの方が親切に施設を説明してくれました。


    上尾天文台
    上尾天文台


    太陽観測用望遠鏡
    太陽観測用望遠鏡です。タイミングがよければ太陽から吹き上がるプロミネンスを見ることができます。


    主砲40センチ
    上尾天文台の主砲40センチ反射望遠鏡です。
    M78星雲・ウルトラの星とかも見られます


    上尾天文台展示
    天文台ではいろいろ展示などもしていました。


    丸山公園で遊ぶ
    天文台を見たあとはすごく広い丸山公園でボール遊びなどして遊びました。

    マックノート彗星が写るかもと.....

    2007.01.19 Friday

    0
      18日、仕事で北関東を移動中西に傾く太陽を見ながら「彗星はまだ日中でも写るのかな」などと考えながら運転していました。
      ふと見ると白く輝くドームが視界に見えてきたので「ドームで太陽を隠せば写すことができるかもしれない」と考えてちょっと寄り道してみました。
      光度、位置などは把握していませんでしたが何枚か撮影し、家に帰ってから画像処理して見つけてみようという試みでしたが、結果は×。
      帰ってきてからわかったのですが光度は下がり、昼間の撮影では大型望遠鏡による自動導入でないと難しくなっています。

      そのかわり南半球ではすごいことになっています。↓のリンクをご覧ください。これからも続々と写真が出てくるでしょうが、これはベネット・ウエストクラスの大彗星です。
      南半球へ行きたい!!
      http://www.spacew.com/gallery/image005564.html



      熊谷ドーム・アップ
      ドームで太陽を隠して撮影してみたのですが写りませんでした。


      熊谷ドーム2
      彩の国くまがやドーム全景です。テニスやフットサルができるきれいなドームです。


      熊谷陸上競技場
      ドームの隣にある熊谷陸上競技場。Jリーグ大宮アルディージャがホームで使用することもある場所です。15000人収容。


      桜のつぼみ
      桜のつぼみ。まだ春は先ですね。

      マックノート彗星をキャッチしました

      2007.01.14 Sunday

      0
        今日(14日)は彗星を見ることができるのか?
        今日も山へいこうかどうか迷っていたお昼時に10年以上会っていない大学の先輩から電話が入り「今望遠鏡で彗星が見えているよ。太陽から東へ7度、北へ1度の場所」と教えてくれました。
        なんとブログを見てもらっていて見え具合を連絡していただいたのです。
        この電話で「今日はいける!」と判断し、昨日も行った秩父登谷山へ出かけました。

        現地へ着いたのは15時過ぎ。
        すでに望遠鏡で観測している方がいらっしゃったのでお声がけすると「今見えてますよ。」と言われ早速覗かせていただきました。
        真昼間だというのに彗星ははっきりした像でしかも尾まで見えています。
        この方とも「昼間に彗星の尾が見えるなんてありえないですよね」と。
        その後も何人かの方が来てお話しましたが皆天文ファンで「ありえない」を連発していました。
        早速私も昼間の彗星に挑戦しましたが、太陽に近い場所にある為危険で難しいのです。
        もし万が一太陽を望遠鏡で見てしまった場合失明することもありますし、カメラを付けていた場合はCCDを壊してしまうのです。
        明日以降挑戦される方は十分気をつけてください。
        結局望遠鏡で昼間の彗星は撮影できませんでしたが、双眼鏡にコンパクトデジカメをくっつけて写すコリメート法では写すことができました。


        今日の装備
        今日は30×125の双眼鏡と、写真用に76mmの望遠鏡。望遠レンズの3点を用意しました。


        マックノート彗星コリメート
        コリメート法で撮影した日中の彗星です。
        16時31分撮影。

        16時51分日没


        マックノート彗星17.04
        17時04分撮影。



        マックノート彗星17.10
        17時10分撮影



        マックノート彗星17.14
        17時14分撮影



        日沈から彗星が沈むまであっという間の出来事でした。
        望遠鏡、双眼鏡でははっきり見ることができましたが、肉眼では太陽の光にじゃまされてみることができませんでした。
        もしこの彗星が太陽からもっと離れていて暗くなってから見えていたとすればさぞかしすごい見え方だったと思います。
        たぶん自分の目でみるのは最初で最後のマックノート彗星だったと思います。
        これ以降は南半球ですばらしい姿を見せてくれるでしょう。