星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
マックノート彗星
0
    7日にネットの天文情報を見ているとマックノート彗星が1等級まで増光しているとの情報が見つかりました。といってもかなり太陽に近い位置のため日本からは見ることが難しいとのこと。さらに書き込みなどを探したところ明るくなっていれば夕方の薄明中、地平線ぎりぎりにわずかに可能性があることがわかったので出かけることにしました。
    西が開けていて空が暗い場所が条件なので秩父の観測所がある登谷山に場所を決定し、家族に聞いたところ一緒に行くというので急いで準備をして出発しました。

    到着するとちょうど日没時間で普段でも風が強いこの場所は発達した低気圧の影響でものすごい風でした。空は風のおかげで澄み切っており彗星を見る条件としてはよい状態です。だんだん空が暗くなっている中、双眼鏡で地平線をじっくり観察しましたがいっこうに彗星らしきものは見えず。山並みからサーチライトのように伸びた尾が見える姿が見えたらなぁなどと夢も見ていたのですが、叶いませんでした。
    しかし澄んだ空に残照が残る中、星がしだいに見えてくる様子はすばらしく写真にも撮ることができましたので来てよかったなと思いました。


    ミルキーポート観測所
    秩父登谷山にあるミルキーポート天体観測所です。
    ハレー彗星が来た1986年の前の年に6人の仲間で1年かかって作った手作りの観測所で、中にはこたつやテレビのある休憩室と観測ドームがあり25センチのライトシュミット望遠鏡が置いてあります。当時より空が明るくなったので最近はもっと暗い長野や群馬に遠征することが多く、ここには来る機会が少なくなりました。


    暮れていく秩父連山
    観測所前の景色・暮れていく秩父連山と夜景です。


    沈む夏の大三角
    残照の残る西の空にこと座、白鳥座、わし座などの夏の星座が沈んでいきます。



    登る冬の星座
    東の空からはオリオン座など冬の星座が登ってきました。
    | 前田徳彦・starwalker | - | 07:51 | comments(10) | - |
    月の虹を追いかけて
    0
      月の虹を知っていますか?
      そう言う僕も知ったのは昨年末、知人から聞いてはじめて知ったのです。
      普通の虹が太陽の光で出来るのに対して月の虹は文字通り月明かりでできる夜の虹でMoonbowとも呼ばれます。
      非常に限られた条件でしか見ることができない現象で、空が暗い場所:雨上がり、または雨の中月が見えているような天候:月が満月近くで明るく且つ地平線方向にあるなどの環境で月の反対側に見られるそうです。
      昨年群馬天文台でも見られたようで写真がWEBに載っています。


      そんな話を聞いていつか見てみたいと思っていたのですが土曜の夕方会社帰りにふと考えると月の出、雨上がりなど条件が揃っていることに気づきました。そこで急いで家に帰り準備をして出かけてきました。淡い月の虹は近所では見られる可能性は低いのですが遠くまで出かける時間もなく、できるだけ暗い空を求めて自宅から30分くらいの北本の土手に決めました。

      結果的には月の虹は見られませんでした。
      1回目で見られるほど甘くはないことはわかっていました。くりかえしチャレンジすることでいつかは見ることができるかもしれません。
      ただし月夜の星空を2時間近く見ることができてよかったです。天体写真は月夜は出かけないのでこういう機会はめったにないのです。この場所で冬なら意外に星が見えることもわかりましたし月夜の写真もなかなかもしろい物が撮れましたので月の虹に感謝です!

      月と雲
      現地に到着したときはまだ雲が多い天候でした。


      月夜・魚眼
      魚眼レンズでの月夜です。


      2001年宇宙の旅雲
      この雲、映画2001年宇宙の旅でラストに出てくる赤ちゃんに似ていませんか?


      オリオン
      オリオン座・月夜でもこれくらい写ります。


      LUMIX車と月夜
      愛車と月です。
      この写真だけLUMIX LX2で撮影。
      他の写真はイオスキッスデジタルで写しました。
      | 前田徳彦・starwalker | - | 10:09 | comments(8) | - |
      Gorillapod(ゴリラポッド)
      0
        Gpod本体
        これがなんだかわかりますか?
        ちょっとSFチックなかたちをしていますがカメラの三脚でGorillapod(ゴリラポッド)といいます。足自体がぐにゃぐにゃ曲がるので通常の使い方の他に手すりにくっつけたり、木にからませたりといろんな場面で使うことができる三脚です。

        最初はLUMIX LX2という長時間露出可能なコンパクトカメラを買ったのでかばんに入れて持ち運びできる小型三脚が欲しいというのが動機でした。ところが天体や夜景などを写す時には普通の小型三脚ではアングルがきびしいので、手すりなどに絡ませて使えるように自由雲台と針金のようなものを組み合わせて自作しようかと思っていました。
        でもひょっとしたらそんな商品があるかもしれないと「三脚 ユニーク」で検索したところGorillapodにたどり着き「これこそ僕が探していた商品だ!」と出会ったわけです。
        早速ヨドバシアキバで購入して使ってみました。
        結果は思ったとおりで僕の使い勝手にぴったりの商品で満足しています。



        Gpodカメラ付
        普通はこうして使います。


        Gpod手すり
        手すりに付けて使用するとこんな感じです。

        大宮夜景
        Gorillapodを使って今日の大宮駅西口イルミネーションを撮影してみました。
        LUMIX LX2 夜景モード6秒露出  

        ヨドバシカメラで2980円で売っていました。
        重量が335gまでのコンパクトカメラ専用です。
        http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/53454640.html

        | 前田徳彦・starwalker | - | 21:43 | comments(4) | - |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 写真集「星空風景」
        + 電子書籍「星の詩」
        +  
        + facebookページ
        + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
        ブログパーツUL5
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE