星空のある風景写真BLOG  〜眠りたくない夜がある〜

星景写真と呼ばれる星空と風景が写った写真を紹介するブログです。
朝倉氏遺跡と星空
0
    福井県福井市にある「朝倉氏遺跡」
    その唐門と星空を撮影してきました。
    と言っても多くの方はそれ何?って感じでしょうね。という僕も当日鯖江市で仕事を終えてから写真仲間のK社長にどこ撮影行きましょうと話していて初めて聞いた名前ですから(笑)
    K社長今回も連れて行っていただきありがとうございましたー!!!

    正式には一乗谷朝倉氏遺跡と言う戦国時代の遺跡で、戦国時代に越前国を支配した朝倉氏の居館、山城と城下町だそうです。
    なにせ夜行ったものですから回りはよくわからず有名だという「唐門」を中心に撮りました。この門は豊臣秀吉が寄進し江戸時代中期頃に再建されたものらしいです。

    昔は山岡荘八の徳川家康、豊臣秀吉、織田信長、伊達政宗など歴史物はたくさん読みましたがすっかり忘れています。でも一乗谷という名前は覚えていたのでこういう歴史的なものと星空を撮るのもいいなぁと思いました。
    空に星は見えていましたがたえず雲がある中での撮影でした。天体写真としては星がすくないですが、なんとか雰囲気は出せたかなと思います。

    なお今回の撮影したRAW写真をキャノンの専用ソフトDPPで見てみると今までにないくらいノイズが多くまるで初代キッスデジタルのようでした。気温が高いわけでもなくなぜなんだろう?と気になりましたが、同じデーターをフォトショップエレメンツで開いてみるとなぜかまったくノイズがありません。
    この理由がわかる方がいらっしゃいましたら教えてください!



    朝倉氏遺跡と星空
    朝倉氏遺跡唐門と星を比較明コンポジット10分で撮影しました。





    朝倉氏遺跡唐門と星空
    唐門とアップで撮影






    朝倉氏遺跡唐門と星空2
    唐門を正面から撮影





    朝倉氏遺跡と星空2
    唐門の反対側に絵になる木があったのでそれを撮影




    | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 20:23 | comments(4) | - |
    蛍と星空
    0
      福井県鯖江市。
      ここは日本で作られる眼鏡のほとんどを生産している町で、僕は1,2ヶ月に1度は出張で訪れます。
      前回、仕事である会社の社長さんとお話しているうちに星の写真を撮っていることをお話したところそのK社長も最近カメラに興味を持ってきたとのことでそのまま写真の話で盛り上がり帰りました。
      行動力のあるK社長は数日後には僕と同じイオス40Dを購入され連日写真を撮っているというお話を聞いていましたが、そんな流れで蛍の話になった時に「鯖江でも蛍が見られる場所があるよ」と言われ出張で数日後に行く予定だったので「それまでに場所を探しておいてあげますよ」ということになりました。

      そんなこんなで出張当日仕事が終わってから山沿いの目的地に連れて行っていただきました。どんよりして蛍も見えそうな雰囲気でしたがその川沿いには暗くなり蛍が現れるはずの8時過ぎになっても1匹しか見ることができずがっかりしているところへ追い討ちをかける様に雨が降ってきました。
      ほぼ諦めかけながらももう1箇所あてがあるからと田んぼの間の狭い道を通り抜け違う候補地に移動しました。
      するとどうでしょう。そこはいきなり数匹の蛍が舞う場所で「これはやったね」とばかり車を降りてセッティングを始めました。降っていた雨も止み蛍撮影に期待が持てそうです。
      「車のハザードライトを付けると蛍が集まってくる」という話からやってみようということになりライトを付けてみると周りから蛍が集まってくるではありませんか。

      面白くなってライトを付けたまましばらく蛍撮影をしていると1台の車がやってきました。そして車から男性が降りてきて「この畑の者だがハザードライトを点けていると蛍が死んでしまうのでやめてくれ」と言われました。
      そんなこととは知らずこちらは「すいません」とあやまりライトを消しました。
      蛍の寿命は約5日でその間にパートナーを見つけてから玉子を生んで死んでしまうらしいのですが、明るいライトを浴びてしまうとその光のせいで蛍はすぐ死んでしまうそうなのです。そうなるとせっかく毎年見られるはずの蛍も見られなくなってしまうとのことでした。

      そんな話をお聞きしてわかったのですがその方はこの一帯の畑を所有する会社の社長さんで蛍のピーク時期は蛍を見たい人を案内したり、我々のようなライトを点けている人がいないか見回りをしているとのことでした。
      昔はどこでもたくさんの蛍が見られたようですが農薬を使うようになってからはすっかり見かけられなくなってしまったが15年前から有機肥料を使い、最低限の農薬だけで田んぼを作ったところ次第に蛍が戻り始めこの田んぼだけ今のようになったそうなのです。蛍だけではなくとんぼやめだかなどさまざまな動物や虫が住むようになって先日も大学の教授がわざわざ見に来たとのことです。
      特に今出ている蛍は平家蛍で全国でもこれだけ見えるのは珍しいとのこと。

      いろいろお話をお聞きしているうちに「わかってくれればいいから楽しんでください」と言われ「クリスマスツリーがあるからついておいで」と別の場所に案内していただきました。
      行ってみると木の上にたくさんの平家蛍がくっついているではないですか!
      てっきりクリスマスツリーに使われるような木があるのかと思っていたのですが、それはクリスマスツリーのライトように蛍がとまっている木のことだったのです。
      平家蛍はもうすぐ死んでしまう時期になると木の上に移動するとのことでした。
      空を見上げると雲も取れていき星も見えてきました。
      あきらめていた蛍が見えた上に星と蛍まで撮れそうです♪

      そして次は「田んぼの縁に蛍が宝石のように光っている場所があるから連れて行ってあげる」と言われついてきました。
      行ってみると確かに田んぼの縁に蛍が光っています。最盛期はこの10倍いて見事に宝石のように光っていたとのことです。
      平家蛍は源氏蛍のような明るい華やかさはありませんがほんのり優しい光を放っていました。


      というわけ注意されたのがきっかけでしたが結局2時間くらい蛍ガイドをしていただきものすごくラッキーな時間を過ごすことができました。
      畑の社長さん、そして誘っていただいたK社長に感謝!です。

      ぜひ来年は最盛期に来たいと思っています。
      じゃなくて出張の時に偶然最盛期に当たると思うんですが(笑)毎年来たい場所になりました。


      昇る夏の星座と蛍
      昇る夏の星座と蛍
      平家蛍は源氏蛍に比べて光が弱いので写真に写すのは難しいとのこと。
      比較明でコンポジットしました。



      北斗七星と蛍
      北斗七星と蛍
      クリスマスツリーのライトように木にいる蛍と一緒に写しました。



      はくちょう座・こと座と木にとまる蛍
      はくちょう座・こと座と木にとまる蛍
      ほんのり白鳥座の天の川も見えています。


      田んぼと蛍
      田んぼと蛍
      一般に多く見られるのは源氏蛍で主に川にいるそうです。
      今の時期、この畑に多く見られるのは平家蛍です。


      田んぼに舞う蛍
      田んぼに舞う蛍



      田んぼの際で光る蛍達
      田んぼの際で光る蛍達
      最盛期は縁が蛍の光でいっぱいだったそうです。





      | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 00:42 | comments(12) | - |
      さいたまスタジアム再び
      0
        昨日・今日とすごい強風ですね。
        昨日は運転中に砂埃で目の前がまったく見えなくなる場面もありました。
        夕べは夜遅くになると風もやんできたのでカメラを用意して撮影に出かけたのですが、弱まったとはいえ風があったので予定していた梅と星空第2弾の撮影は中止し、風にはびくともしないさいたまスタジアムと沈む冬の星座を狙いに行きました。
        実はこの対象は先日も狙ったのですが雲が出てきて撮影できず今回リベンジなのですが現地に着いてみると今度は隣のサッカー場が練習中でライトが明々とついているじゃありませんか。
        まさか夜10時半に練習しているとは予想できませんでしたが、11時ごろには終わるんじゃないかと思いずっと待っていました。
        すると練習が終わろうとしていたところ今度はオリオンのあたりだけ雲が出てきて撮影できず。その後雲もとれてきてなんとか撮れましたがメインのオリオン座は沈んでしまうしさらにリベンジが必要です。

        どうもこの場所はついていません。
        そういえばここで見る試合はアジアカップで初めて負けた代表戦やレッズ戦で連勝記録が止まった負け試合など観戦をみてもついていないかもしれません(笑)

        さて、今回は新しいフィルターのテスト撮影もしてみました。
        星景写真で星座を見やすくするために明るい星が大きく写るようにソフト系のフィルターがよく使われますが今までいくつか使用しても満足できる結果が出ていませんでした。
        それが今月号の星ナビに沼澤茂美さんがリーフィルターを使うという記事を書かれていたのでこれだと思い今回使用しました。
        本来暗い場夜で感度も上げて使うものですが明るい場所でも効果があることがわかりました。
        今度は星のたくさん見える暗い空で星と風景のある写真を写して見せます!!!



        さいたまスタジアムと沈む冬の星座・比較明
        さいたまスタジアムと沈む冬の星座・比較明
        雲の合間になんとか撮影しました。10分露出



        さいたまスタジアムとシリウス
        さいたまスタジアムとシリウス
        全天で一番明るい恒星・大犬座のシリウスです。



        さいたまスタジアムと沈む冬の星座
        さいたまスタジアムと沈む冬の星座
        リーフィルターno.4を使用して撮影。
        星が大きく写っています。
        もっと暗い空で使いたいフィルターです。



        リーフィルター
        これがリーフィルター。ぼかし具合でno1〜no5まであります。



        リーフィルターレンズ装着
        良く使っているシグマ15mm魚眼はレンズ前面に装着できないのでフィルターを切ってレンズ後部のフィルター装着枠にはめ込んで使います。




        | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 12:51 | comments(11) | - |
        金星と木星が近づく日
        0
          明け方に輝いている明けの明星・金星と木星が大接近するというので撮影に出かけました。一番接近するのは2月1日で望遠鏡の低倍率なら同視野に見えるほど接近するのですが2日もかなり接近しているのです。
          近くには三日月とさそり座もあるし良い撮影対象なので早起きして出勤前に行ってこようと3時30分に起きて車を北に走らせ50分ほどで先週も出かけてきた行田の古墳公園に着きました。
          空は雲に覆われていましたが薄明が始まる頃には雲間から金星・木星が見え出したのでなんとか撮影することができました。
          確かに長年天文をやっていますがここまで惑星が接近するのはあまり見たことがありません。

          この時間帯だと誰もいないだろうと思っていたのですがまだ暗い5時ごろだというのに駐車場にいたところ続々と車が入ってきて10人以上の人達が懐中電灯を持って公園に入っていきました。
          僕の撮影ポイントとは違う方向に歩いて行きましたがはたして何をしにいったんでしょう?まぁ僕もこんな時間にカメラと三脚を担いで歩いているのですからかなり不審に思われているかもしれませんが(笑)

          なお2月2日で1つ年をとって46歳になりました。
          気持ちは30代なんですけどね。


          接近する金星・木星と月、さそり座
          接近する金星・木星と月、さそり座




          接近する金星・木星と月



          金星・木星
          金星・木星
          | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 00:57 | comments(6) | - |
          さきたま古墳と星空
          0
            娘の版画が鴻巣市中央小学校の展示会に展示されているというので見に行った帰りに先日見られなかった行田の蝋梅でも見に行こうかと行田市を走っていたところ「さきたま古墳公園」の看板を見つけました。
            せっかくだから寄って行こうと駐車場に車をとめて入って行くと教科書で見たことがある古墳があるではありませんか。
            それもあちこちに。
            説明書きを見てみるとこの場所だけで9つもあるとのことでかなり大掛かりな古墳群なのです。いつも近くを通過しながらなぜ寄らなかったんだろうと思いました。

            この公園はとても広い上にとても開けていて星を撮影するにもちょうどいいのです。さっそく僕にはこの古墳と星空のイメージが出来上がってきたので暗くなるまでに夕食を済ませてまたここへ戻ってこようと決めて蝋梅はキャンセルしました。
            娘が焼肉を食べたいというのでナビで牛角を目指したはずが温野菜に業態変更されていて目的とは違いましたがたっぷりお肉を食べた後、うちの2人は近くの温泉に送って僕は古墳に舞い戻り2時間近く「古墳と星空」撮影してきました。

            偶然にしてはなかなか良い対象を見つけて満足、満足。
            うちの妻と娘も「露天風呂にテレビがあるおもしろい温泉だった」と家族みんな満足して帰ったのでありました(笑)


            丸墓山古墳と北天の日周運動
            丸墓山古墳と北天の日周運動
            直径105m、日本最大の円墳だという丸墓山古墳は古墳群の中でも存在感抜群だったのでこの古墳を中心に撮影してみました。
            30秒×40枚比較明コンポジット



            丸墓山古墳と北天の日周運動2
            丸墓山古墳と北天の日周運動2
            この古墳は昇ることができるのです。そののぼり口から撮影しました。



            昇る北斗七星と稲荷山古墳
            昇る北斗七星と稲荷山古墳
            北東の空には北斗七星、東にはしし座と春の星座が昇ってきました。
            星の世界では確実に春が近づいています。



            稲荷山古墳
            稲荷山古墳
            この古墳も昇ることができるのです。
            娘は喜んで走り回っていました。



            丸墓山古墳
            丸墓山古墳の上から
            丸墓山古墳に昇ると行田市が一望できます。




            | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 22:45 | comments(4) | - |
            謹賀新年
            0
              新年明けましておめでとうございます。
              年明けから冬型の気圧配置で日本海側や東北などでは大雪、太平洋側は晴天になっていますが皆さんはどんなお正月をお過ごしでしょうか?
              僕はのんびり岩槻の実家で過ごした後、家族で浦和美園のイオンで買い物などして過ごしました。その後イオンを出たところ日没後の空を見て星の虫がうずいて写真が撮りたくなり家族にちょっと待機してもらってすぐそばにある「埼玉スタジアム」前で夕焼けと瞬き始める星の写真を撮ってみました。今年初写真になります。

              思えば2003年の年末にイオスキッスデジタルを購入してからデジタルの気軽さで天体写真の撮影回数が増えていたのですが、さらに昨年11月に購入したイオス40Dの高画質に驚き、比較明によるコンポジット法によって明るい場所でも星が撮れるようになってさらに可能性が広がりました。
              もともと望遠鏡のクローズアップではなく風景と星が一緒に写すいわゆる「星景写真」に力を入れていこうと思っていたのですがカメラや技術の環境も整ったのでさらにこれからは「星景写真」1本に絞って「暮らしの上にいつも星が輝いている」をテーマにオリジナリティある作品を撮っていけたらと考えています。
              とはいうもののいきなりすごい作品が撮れるとも思いませんのでいろいろ検証を繰り返しながらゆっくりやっていくつもりですので皆さんどうかお付き合いください。

              それでは今年1年よろしくお願いします!!!



              埼玉スタジアムと夕焼け
              世界3位に輝いた浦和レッズのメインスタジアムである埼玉スタジアムの夕暮れです。
              4分の1秒露出。




              夕暮れの埼玉スタジアムと星々1
              3秒露出×50枚を比較明コンポジットしてみました。肉眼では1,2個しか星が見えていませんでしたがけっこう写っていました。



              夕暮れの埼玉スタジアムと星々2
              帰り際に写した20秒露出。
              しだいに星々が見えてきました。







              | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 22:52 | comments(7) | - |
              今年最後の星空写真
              0
                雨も止んで晴れ間が見えてきた30日の午後、大掃除もほどほどに今年最後の撮影を埼玉県寄居町の「中間平」からの夜景と冬の星座にしようと決めて行ってきました。
                日が沈んだ東の空にはオリオンをはじめ明るい星の多い冬の星座が見られますのでぜひ見てください。


                1年経つのは早いもので今年も今日で終わりです。
                今年は1月のマックノート彗星に始まり最後はホームズ彗星と天文現象も多く楽しめる年でした。
                僕にとっては思いがけず写真展を2回もさせていただくことになり、またカメラを新しくしたこともあって撮影回数はたぶん今までで最高になったと思われ、星ずくしの1年だったような気がします。
                新しい撮影法や手軽に撮影できるデジタルの恩恵もあって来年もこのペースで撮影しブログも充実できたらと考えています。

                特に病気や事故もなく好きな星も存分に撮影でき、またいろいろな人との出会いもあって良い1年になったことを感謝したいと思います。
                いつもブログを見ていただく皆さんほんとうにありがとうございました。
                来年もよろしくお願いします。
                良いお年を!!!


                登る冬の星座
                ここ寄居町にある「中間平」は夜景がきれいで撮影中も家族連れやカップルが何人も見に来ていました・



                登る冬の星座2
                こちらは20秒間ガイド撮影して星を点に写しました。



                夜景・星
                木のシルエットと夜景・星



                北天の日周運動
                北極星付近を中心にした5分間の日周運動です



                すべり台と星空
                山の上の駐車場脇にあったすべり台を星と一緒に写して見ました。



                | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 13:39 | comments(5) | - |
                初冬の山梨
                0
                  この週末は山梨県北杜市のビバキャンパークラブメンバーのFさん宅にお邪魔しました。
                  雪が降る前に星空を見においでよという誘いに甘えて今回が3回目になります。
                  おいしいゆず入り干し柿、手づくりベーコンなどすっかりごちそうになった上に絶景ポイントにいろいろ連れて行っていただき至福の時間を過ごしてきました。
                  娘がはじめてスキー場を見て感動!次回はスキーをしに行くかもしれません♪

                  星はというと天の川が見える星空を満喫☆今月14.15日極大を向かえるふたご座流星群もいくつか見ることができ、イオス40Dも暗い空でははじめての撮影ができました。


                  富士山
                  北杜市から見た富士山。
                  今回いろいろな場所から富士山を見ましたがその度に大きさが違って見えるのが不思議でした。



                  スキー場
                  ちょうど土曜にオープンしたスキー場を見に連れて行っていただきましたが、娘は雪が大好きな上にスキー場にくるのは初めてとあって興奮していました。
                  次回はスキーデビューになりそうです。



                  ホームズ彗星
                  恐るべしホームズ彗星。
                  明るさこそ一時期より暗くなりましたがいまだに肉眼で見ることができ、大きさは拡大しています。
                  135mmにて撮影。



                  オリオン座
                  この夜は晴れたり曇ったりの天気でしたが雲の無い場所を狙って夜中まで撮影しました。
                  この写真は冬の風物詩・オリオン座です。



                  登る冬の星座
                  東に昇って来る冬の星座達。




                  | 前田徳彦・starwalker | その他星空のある風景 | 22:25 | comments(6) | - |
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << July 2018 >>
                  + SELECTED ENTRIES
                  + RECENT COMMENTS
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + 写真集「星空風景」
                  + 電子書籍「星の詩」
                  +  
                  + facebookページ
                  + このブログに掲載された写真の無断使用はお断りします。まとめサイトなどへの転載も禁じます。
                  ブログパーツUL5
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE